過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年) 午前 問6

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
鉄骨構造に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
梁の材質を、SN400AからSN490Bに変えても、断面と荷重条件が同一ならば、梁のたわみは同一である。
   2 .
鉄骨造におけるトラス構造の節点は、構造計算上、すべてピン接合として扱う。
   3 .
材端の移動が拘束され材長が同じ場合、両端固定材の座屈長さは、両端ピン支持材の座屈長さより短い。
   4 .
柱脚に高い回転拘束力をもたせるためには、根巻き形式ではなく露出形式とする。
( 1級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年) 午前 問6 )

この過去問の解説 (1件)

評価する
49
評価しない
正解は4です。

1:設問通りです。
建築構造用圧延鋼材は、SS・SN・SM材があります。頭文字の「S」は「スチール」を表します。出題のSN材の「N」は「NEW」(新しい)を意味し、SN材はSS材より新しい鋼材を意味します。
SN490Bは、SN400Bより強度は高いですが、ヤング係数は同じなので剛性が変わりません。その為、断面と荷重条件が同一ならば、梁のたわみは同一となるのです。
SN400Bは、建物の変形性能を考慮した鋼材です。SN490Bは、主に、建物の梁として利用します。強度が高いので、比較的高さのある建物や荷重が大きな建物に利用します。

2:設問通りです。
「トラス構造」は、主に大スパン構造(体育館やドーム、橋)などに利用される構造形式の1つで、部材同士を三角形につなぎ合わせた構造形式です。他の構造形式には「ラーメン構造」があります。「ラーメン構造」の接合部は「剛接合」とする必要がありますが、「トラス構造」の接合部は「ピン接合」とします。「ピン接合」とは、「一体化はしないが、部材同士を留める」接合方法です。構造的にいえば、接合部が回転し、曲げモーメントを伝えません。「ピン接合」では、材同士を一体化する突き合わせ溶接ではなく、「隅肉溶接」と「高力ボルト接合」が基本となります。

3:設問通りです。
境界条件による座屈長さの違いに関する設問です。座屈長さとは、座屈(変形)する部材の長さを意味します。
境界条件と座屈長さの関係は下記の通りです。
・両端ピン⇒座屈長さLk=1.0L(座屈長さは支点間距離)
・一端ピン、一端固定⇒座屈長さLk=0.7L(座屈長さが支点間距離×0.7)
・両端固定⇒座屈長さLk=0.5L(支点間距離の半分)これは、座屈しにくいことを意味します。
・片持ち⇒座屈長さLk=2.0L(部材長さの2倍)

4:誤りです。
柱脚には、露出柱脚、根巻き柱脚、埋込み柱脚があります。柱脚の固定強度(回転拘束)は、露出柱脚<根巻き柱脚<埋込み柱脚です。露出柱脚より根巻き柱脚の方が高い回転拘束力があります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この1級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。