過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年) 午前 問32

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
大断面集成材を用いる木造建築物に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
接合金物のボルトの孔あけ加工の大きさについて、ねじの呼びがM16未満の場合は公称軸径に1mmを加えたものとし、M16以上の場合は1.5mmを加えたものとした。
   2 .
大規模な木造架構であったため、全体の建方が完了してからの建入れ修正ができなかったので、建方に並行してブロックごとに建入れ直しを行った。
   3 .
集成材は、現場搬入から建方まで15日以上要したので、雨がかからないように防水シートで覆いをかけて保管した。
   4 .
大断面材に設ける標準的なボルト孔の心ずれは、許容誤差を5mm以内とした。
( 1級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年) 午前 問32 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (1件)

評価する
31
評価しない
正解は4です。

1:設問通りです。
公称軸径とは、公表されている数値のことです。

2:設問通りです。
木造の場合、鉄骨造とは異なり一気に骨組みを組むことが出来ない為、各ブロック毎に建入れ直しを行う必要があります。

3:設問通りです。
集成材は、地面に直接触れないようにすると共に、現場搬入から建方まで日程が長期間ある場合は、風雨積雪などさらされないように防水シートなどで覆い保管する必要があります。

4:誤りです。
大断面材に設ける標準的なボルト孔の心ずれは、許容誤差を± 2mm以内とします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この1級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。