過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

1級建築施工管理技士の過去問 平成30年(2018年) 午前 問40

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
アルミニウム製建具に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
建具の組立てにおいて、隅部の突付け部分はシート状の止水材を使用した。
   2 .
見え隠れ部分で使用する補強材に、亜鉛めっき処理した鋼材を使用した。
   3 .
水切り、ぜん板は、アルミニウム板を折曲げ加工するので、厚さを1.2mmとした。
   4 .
建具枠のアンカーは、両端から逃げた位置から、間隔を500mm以下で取り付けた。
( 1級 建築施工管理技術検定試験 平成30年(2018年) 午前 問40 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (1件)

評価する
32
評価しない
正解は3です。

1:設問通りです。
縦枠と下枠の突付け部は、漏水防止の為、シーリング材又はシート状の止水材を使用します。

2:設問通りです。
見え隠れ部分とは、施工中は見えているが、完成すると見えづらい若しくは見えなくなる部分です。

建具回りの補強材で鋼製のものは、鉄の腐食を抑制する為に、亜鉛メッキ処理を行い腐食を防止する必要があります。

3:誤りです。
アルミニウム板を加工して、枠、かまち、水切り、ぜん板及び額縁に使用する場合の厚さは1.5mm以上とします。

4:設問通りです。
建具枠のアンカーは、枠の隅より150㎜内外を端とし、間隔は500㎜以下に取付けます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この1級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。