過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 1 問5を出題

問題

[ 設定等 ]
鉄骨構造の一般的な特徴に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
鋼材は強くて粘りがあり、変形能力の高い骨組が可能である。
   2 .
鋼材は不燃材料であるため、骨組は十分な耐火性能を有する。
   3 .
鉄筋コンクリート構造に比べ、大スパンの建築物が可能である。
   4 .
鉄筋コンクリート構造に比べ、工場加工の比率が高く、現場作業が少ない。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 1 問5 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
89
評価しない
正解は2です。

鋼材は不燃材料ですが、温度の上昇に伴い引張り強さが低下します。(柔らかく伸びやすい)そのため、設計強度を確保するためには耐火被覆等が必要です。


1.設問の通りです。鋼材は粘り強く耐震性が高い部材です。

3.強度が高く、鉄筋コンクリート造に比べ軽量であることから大スパンに適しています。

4.鉄筋コンクリート造はそのほとんどが現場での施工であり、鉄骨造については部材間の現場接合などが容易であるため、工場加工の比率が高いです。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
9
評価しない

正解は2です。

鋼材は不燃材料ですが、鉄は高熱で変形します。

十分な耐火性能が必要な場合は、鋼材をコンクリートやロックウールなどで覆います。

1.設問の通りです。

  鉄骨造の建物とRC造の建物では、鉄骨の方が変形能力が高いです。

2.鋼材は不燃材料であるが、骨組は十分な耐火性能を有しません。

3.設問の通りです。

  体育館やドームはトラス構造で大規模空間を作っています。

4.設問の通りです。

  鉄骨造はほぼ工場で加工された鋼材を現場で組み立てます。

  RC造はコンクリートを現場で固めて施工します。

  ゆえに鉄骨のほうが作業量が少なく、工期が短く済みます。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。