過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 1 問6を出題

問題

[ 設定等 ]
鉄骨構造の部材に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
柱の形式には、形鋼などの単一材を用いた柱のほか、溶接組立箱形断面柱などの組立柱がある。
   2 .
梁の形式には、単一材を用いた形鋼梁のほか、プレート梁やトラス梁などの組立梁がある。
   3 .
筋かいは、棒鋼や形鋼を用いるもので、主に圧縮力に働く部材である。
   4 .
ガセットプレートは、節点に集まる部材相互の接合に用いられる鋼板である。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 1 問6 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
88
評価しない
正解は3です。

1.その通りです。

2.その通りです。

3.筋交いは主に引張力に働く部材です。

4.部材同士を接合する場合にガセットプレートを使用します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
14
評価しない

正解は3です。

筋交いは耐震性を高める為に斜め方向に入れる部材です。

圧縮力も、引張力も負担します。

1.設問の通りです。

  単一材とはH型鋼のように単体で使われる部材です。

  溶接組立箱型断面柱とは箱型に組み立てた部材です。

2.設問の通りです。

  他にもラチス梁ハニカムビーム梁などがあります。   

3.筋かいは、ブレースとも言います。

4.設問の通りです。

  部材同士をガシッと繋ぐガセットプレートです。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。