過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 5 問37を出題

問題

[ 設定等 ]
次の項目のうち、標準貫入試験のN値から推定できないものはどれか。
   1 .
粘性土における一軸圧縮強さ
   2 .
粘性土におけるせん断抵抗角 ( 内部摩擦角 )
   3 .
砂質土における相対密度
   4 .
砂質土における液状化強度
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 5 問37 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
59
評価しない
正解は2

標準貫入試験のN値からは、一軸圧縮強さや液状化強度が推定できますが、せん断抵抗角(内部摩擦角)の推定はできません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない

正解は2です。

標準貫入試験は地盤の安定性を推測する目安を得られる試験です。

乱れた試料を採取でき、簡易なことを推定出来ます。

1.設問の通りです。

  粘性土の圧縮強さは推定出来ます。

2.粘性土の内部摩擦角の推定は複雑なので推定出来ません。

3.設問の通りです。

  砂質土の相対密度は乱れた試料で推定出来ます。

4.設問の通りです。

  砂質土の液状化強度は乱れた試料で推定出来ます。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。