過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 7 問73を出題

問題

[ 設定等 ]
型枠工事に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
転用率を向上させるため、スラブ型枠にフラットデッキ( 床型枠用鋼製デッキプレート )を用いた。
   2 .
フラットデッキ( 床型枠用鋼製デッキプレート )を受ける梁の側型枠は、縦桟木で補強した。
   3 .
階段が取り付く壁型枠は、敷き並べた型枠パネル上に現寸で墨出しをしてから加工した。
   4 .
コンクリートの吹出しを防ぐため、横に長い壁開口部の下側の型枠には、端部にふたをした。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 7 問73 )

この過去問の解説 (1件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
28
評価しない
正解は【1】です。

1.スラブ型枠に使用するフラットデッキ(床型枠用鋼製デッキプレート)は、取り外しできないため、転用率を向上させるためではなく、施工の省略化を目的として採用されます。

2.フラットデッキ(床型枠用鋼製デッキプレート)を受ける梁の側型枠は、縦桟木で補強します。

3.階段が取り付く壁型枠は、敷き並べた型枠パネル上に現寸で墨出しをしてから加工します。

4.コンクリートの吹出しを防ぐため、横に長い壁開口部の下側の型枠には、端部にふたをします。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。