過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 8 問84を出題

問題

[ 設定等 ]
粘土瓦葺きに関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
のし瓦を安定させるため、葺土を使用した。
   2 .
冠瓦を取り付けるため、棟補強用心材を使用した。
   3 .
谷部においては、厚さ0.2mmの銅板を谷どいとして使用した。
   4 .
瓦桟木は、断面寸法が幅24mm、高さ18mmの良質な杉を使用した。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 8 問84 )

この過去問の解説 (2件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
43
評価しない
正解は【3】です。

1.葺土は、桟木を用いない屋根瓦葺きで、瓦がずれ落ちないために使用します。
のし瓦等を安定させるためにも使用されます。

2.棟補強用心材は、冠瓦を取り付けるにあたって、構造躯体と冠瓦を繋ぐために用いられます。

3.谷どいに銅板を使用する場合は、厚さ0.35mm以上の板厚のものを使用します。

4.瓦桟木は、幅21mm以上、高さ15mm以上の良質な杉、檜、松等の材料を使用します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
1.◯ 葺土は、棟や壁際でのし瓦や冠瓦を安定させるために用いる。

2.◯ 冠瓦を取り付ける際は、棟補強用心材を使用する。

3.✕ 谷部においては、厚さ0.2mmのステンレス板を谷どいにして使用する。

4.◯ 瓦桟木は瓦の掛止め用等に使用する。湿気による防腐処理をした杉、ひのき材を使用する。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
.
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。