過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

2級建築施工管理技士の過去問 平成29年(2017年)後期 8 問85

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
日本産業規格( JIS )の「アルミニウム表面処理用語」に規定されている性質・欠陥に関する記述として、最も不適当なものはどれか。
   1 .
バフ焼けとは、バフ研磨中の高熱のために生じた研磨面の不均一性のことである。
   2 .
ダイマークとは、押出 (引抜)材表面の押出 (引抜)方向に現れる線状の細かい凹凸のことである。
   3 .
チョーキングとは、主として光による劣化が原因で起きる表面が粉末状になる現象のことである。
   4 .
接触腐食とは、重ねたアルミニウム板の間の面にできる、みみずがはったようなしみができる現象のことである。
※工業標準化法が改正されたことにより、令和元年(2019年)7月1日より、「日本工業規格(JIS)」は「日本産業規格(JIS)」に変わりました。
<参考>
 それに伴い、当設問の問題文中の文言を変更しました。
( 2級 建築施工管理技術検定試験 平成29年(2017年)後期 8 問85 )
このページは問題一覧ページです。
正解率や解答履歴を残すには、
新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (1件)

57
正解は【4】です。

1.バフ焼けとは、バフ研磨中の高熱のために生じた研磨面の不均一性のことです。

2.ダイマークとは、押出 (引抜)材表面の押出 (引抜)方向に現れる線状の細かい凹凸のことです。

3.チョーキング(白亜化)とは、主として光による劣化が原因で起きる表面が粉末状になる現象のことです。

4.接触腐食とは、異種金属が接触し、電解質が介在して電気回路が形成したときに生じる腐食のことです。
選択肢に書かれている、重ねたアルミニウム板の間の面にできる、みみずがはったようなしみができる現象とは、「みみずしみ」のことです。
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この2級建築施工管理技士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。