過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

危険物取扱者試験 乙4の過去問 | 予想問題 乙4 問219

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
地下タンク貯蔵所について誤っているものを選べ。
   1 .
タンクの設置方法は、タンク室に設置する方法、直接地盤面下に設置する方法、コンクリートで被覆して地盤面下に埋設する方法の3通りがある。
   2 .
「地下貯蔵タンクに鋼板を間げきを有するように取り付け、かつ、危険物の漏れを常時検知するための設備を設けたもの」、「地下貯蔵タンクに、強化プラスチックを間げきを有するように被覆し、かつ、危険物の漏れを検知するための設備を設けたもの」を二重殻タンクという。
   3 .
管により液体の危険物の漏れを検知する設備は2箇所以上である。
   4 .
地下貯蔵タンクとタンク室の内側との間は、0.1m以上の間隔を保つものとし、かつ、当該タンクの周囲に乾燥砂をつめること。
   5 .
地下タンク貯蔵所には、見やすい箇所に地下タンク貯蔵所である旨を表示した標識および防火に関し必要な事項を掲示した掲示板を設けること。
( 危険物 乙4の過去問/予想問題 問219 )

この過去問の解説 (4件)

評価する
59
評価しない
危険物の漏れを検査する管(漏洩検査管)の設置は4ヶ所以上と定められているので、3番に記載されている2ヶ所以上というのは誤りです。したがって、正解は3番となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
28
評価しない
地下貯蔵タンクの重要事項を以下に挙げます。
・漏洩検査菅:4か所以上
・壁-タンク間:0.1m
・地盤-頂部間:0.6m
・室内は乾燥砂で埋めること etc...
以上より、3.は誤りです。
評価後のアイコン
評価する
18
評価しない
正解は 3 です。

1:正しい
タンクの設置方法は、タンク室に設置する方法、直接地盤面下に設置する方法、コンクリートで被覆して地盤面下に埋設する方法の3通りがあります。

2:正しい
「地下貯蔵タンクに鋼板を間げきを有するように取り付け、かつ、危険物の漏れを常時検知するための設備を設けたもの」、「地下貯蔵タンクに、強化プラスチックを間げきを有するように被覆し、かつ、危険物の漏れを検知するための設備を設けたもの」を二重殻タンクといいます。

3:誤り
管により液体の危険物の漏れを検査する設備は、4箇所以上です。
「検知する設備は2箇所以上」は誤りであり、「検知する設備は4箇所以上」が正しいです。

4:正しい
地下貯蔵タンクとタンク室の内側との間は、0.1m以上の間隔を保つものとして、かつ、当該タンクの周囲に乾燥砂をつめる必要があります。

5:正しい
地下タンク貯蔵所には、見やすい箇所に地下タンク貯蔵所である旨を表示した標識および防火に関し必要な事項を掲示した掲示板を設ける必要があります。
評価後のアイコン
評価する
11
評価しない
管により液体の危険物の漏れを検知する設備は、4箇所以上です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この危険物取扱者試験 乙4 過去問 | 予想問題のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。