過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

司法書士「午後の部」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 80%

残り : 174
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 174
クリア
独立当事者参加に関する次のアからオまでの記述のうち、正しいものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。


ア  訴訟の当事者の一方を相手方とする独立当事者参加の申出があったときは、参加の申出の書面は、当該当事者の一方に送達すれば足りる。

イ  独立当事者参加の申出においては、参加の趣旨だけでなく、その理由も、明らかにしなければならない。

ウ  独立当事者参加の申出は、第一審の口頭弁論終結の時までにしなければならない。

エ  独立当事者参加をした者がある場合において、当事者の一人について訴訟手続の中断の原因があるときは、その中断は、全員についてその効力を生ずる。

オ  独立当事者参加をした者がある場合において、参加前の原告又は被告が口頭弁論をしたときは、その原告又は被告は、当該訴訟から脱退することができない。
 1 . 
アウ
 2 . 
アエ
 3 . 
イエ
 4 . 
イオ
 5 . 
ウオ
( 平成25年度 司法書士試験 午後の部 )

この過去問の解説(2件)

評価する
0
評価しない
正解は 3 です。

正しい 選択肢はイとエなので、3が正解となります。

ア. 独立当事者参加の申出は、当事者双方に送達しなければなりません。(民事訴訟法第47条2項参照)。従って、本選択肢は誤りです。

イ. 独立当事者参加の申出には、民事訴訟法43条(補助参加)の規定が準用されています。民事訴訟法第43条では「補助参加の申出は、参加の趣旨及び理由を明らかにして、補助参加により訴訟行為をなすべき裁判所にしなければならない」と規定しています。
従って、本選択肢は正しいです。

ウ. 独立当事者参加は、訴訟が事実審に係属している間であれば、することができます。従って、本選択肢は誤りです。

エ. 独立当事者参加をした者がある場合において、当事者の1人について訴訟手続きの中断の原因があるときは、その中断は、全員についてその効力を生じます。(民事訴訟法47条4項に準用する同法40条3項参照)。従って、本選択肢は正しいです。

オ. 民事訴訟法第48条前段で「前条第1項(独立当事者参加)の規定により、自己の権利を主張するために訴訟に参加した者がある場合には、参加前の原告又は被告は、相手方の承諾を得て、訴訟から脱退することができる」と規定しています。従って、本選択肢は誤りです。


評価後のアイコン
2017/09/28 13:19
ID : vkwhjenv
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は3(イ、エ)です。

ア 誤り。
 独立当事者参加を行う第三者(訴訟の結果によって権利が害されることを主張する第三者又は訴訟の目的の全部若しくは一部が自己の権利であることを主張する第三者)は、書面により申出ることで当事者の一方または双方を相手方として、当事者として訴訟に参加することができますが(民訴法47条1項、同2項)、その際の書面は双方に送付する必要があります(民訴法47条3項)。

イ 正しい。
 独立当事者参加に際しては民訴法40条1項~3項(必要的共同訴訟)および43条(補助参加の申出)の規定が準用されますが、民訴法43条1項では参加の趣旨及び理由を明らかにして申出を為すべき旨定められています。よって、独立当事者参加にあっても趣旨のみならず理由を明示する必要があります。

ウ 誤り。
 訴訟要件は口頭弁論終結時を基準として判断されますが、独立当事者参加は第一審に限る旨の定めはなく、事実審での継続中であれば参加が可能です(最判昭和44・7・15、上告審での当事者参加を不適法とした事例)。

エ 正しい。
 民訴法40条3項の規定(第一項に規定する場合において、共同訴訟人の一人について訴訟手続の中断又は中止の原因があるときは、その中断又は中止は、全員についてその効力を生ずる)であり、民訴法47条4項により独立当事者参加についても準用されます。

オ 誤り。
 独立当事者参加がなされた場合、従前の原告または被告は相手方の承諾を得て訴訟から脱退することができます(民訴法48条1項)。本条に基づく脱退の時期は口頭弁論開始前に限定されていません。
なお、判決の効力は脱退した当事者にも及びます(民訴法48条2項)。
評価後のアイコン
2019/05/11 15:54
ID : czzmtgsu
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
この司法書士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。