過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

司法書士「平成25年度」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 80%

残り : 70
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 70
クリア
人権の享有に関する次のアからオまでの記述のうち、判例の趣旨に照らし正しいものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。


ア  会社は、公共の福祉に反しない限り、政治的行為の自由を有するが、会社による政治資金の寄附は、それによって政治の動向に影響を与えることがあり、国民の参政権を侵害しかねず、公共の福祉に反する結果を招来することとなるから、自然人である国民による政治資金の寄附と別異に扱うべきである。

イ  憲法は、何人も、居住、移転の自由を有する旨を定めており、その保障は、外国人にも及ぶところ、この居住、移転には、出国だけでなく、入国も含まれることから、外国人には、日本から出国する自由に加え、日本に入国する自由も保障される。

ウ  公務員の政治的中立性を損なうおそれのある公務員の政治的行為を禁止することは、公務員に対して政治的意見の表明を制約することとなるが、それが合理的で、必要やむを得ない限度にとどまるものである限り、憲法の許すところである。

エ  我が国に在留する外国人に対し、法律をもって、地方公共団体の長やその議会の議員の選挙権を付与する措置を講じなくても、違憲の問題は生じない。

オ  喫煙の自由は、憲法の保障する基本的人権には含まれず、未決拘禁者に対して刑事施設内での喫煙を禁止することは、拘禁の目的、制限の必要性や態様などについて考察するまでもなく、憲法に違反しない。
 1 . 
アイ
 2 . 
アウ
 3 . 
イオ
 4 . 
ウエ
 5 . 
エオ
( 平成25年度 司法書士試験 午前の部 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(3件)

評価する
5
評価しない
正解は 4 です。

正しい選択肢はウとエです。従って、4が正解です。

各選択肢の解説は、以下のとおりです。

ア. 最高裁昭和45年6月24日判決では「会社は、自然人たる国民と同様、国や特定の政党の政策を支持、推進し又は反対するなどの政治的行為をする自由を有する」としています。また、その理由として、「会社が、納税の義務を有し、自然人た国民と等しく国税等の負担に任ずるものである以上、納税者たる立場においても、国や地方公共団体の施策に対し、意見の表明その他の行動に出たとしても、これを禁圧すべき理由はない。のみならず、憲法第三章に定める国民の権利及び義務の各条項は、性質上可能な限り、内国の法人にも適用されるものと解すべきである。」としています。このため、本選択肢では、会社と、自然人である国民による、政治資金の寄附を、別個のものとして取り合扱うべきとしているため、誤りです。

イ. 最高裁昭和53年10月4日判決では「憲法上、外国人は、我が国に入国する自由を保証されているものではない」として、外国人の入国の自由を否定しています。従って、本選択肢は誤りです。

ウ. 最高裁昭和49年11月6日判決で「公務員の政治的中立を損なう恐れがある公務員の政治的行為を禁止することは、それが合理的で必要やむを得ない限度にとどまるものである限り、憲法の許容するところであるといわなければならない」としています。従って、本選択肢は正しいです。

エ. 最高裁平成7年2月28日判決で「地方公共団体の長及びその議会の議員の選挙の権利を日本国民たる住民に限る」ことは「憲法15条1項、93条2項に違反するものということはできない」としています。従って、本選択肢は正しいです。

オ. 最高裁昭和45年9月16日判決で、「煙草は生活必需品とまでは断じ難く、ある程度普及率の高い嗜好品にすぎず、喫煙の禁止は、煙草の愛好者に対して相当の精神的苦痛を感じせしめるとしても、それが人体に直接障害を与えるものだはないのであり、かかる観点よりすれば、喫煙の自由は、憲法13条の保障する基本的人権の1つに含まれるとしても、あらゆる時所において保障されなければならないものではない」としています。従って、本選択肢では、喫煙の自由が基本的人権に含まれないとしているので、誤りです。

評価後のアイコン
2017/09/24 09:55
ID : vkwhjenv
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
ア:間違い。八幡製鉄政治献金事件(昭和45年6月24日最高裁判決)によると、「憲法に定める国民の権利義務に関する各条項は、性質上可能な限り法人にも適用されるべき」としました。そのため「会社は自然人たる国民と同様に国や政党の特定の政策を支持、推進または、反対するなどの政治的行為をなす自由を有する」として、「政治資金の寄付もまさにその一環で自然人による寄付と異なる扱いをすべき憲法上の要請があるものではない」と判示しました。会社による政治的寄付と自然人である国民による政治的寄付を別異に扱うべきとはされていません。

イ:間違い。 マクリーン事件(昭和53年10月4日最高裁判決)において「憲法上、外国人は、わが国に入国する自由を保障されているものではないことはもちろん、(以下略)」と判示しました。よって、外国人は入国の自由を保障されていません。

ウ:正しい。「猿払事件」(昭和49年11月6日 最高裁判決)において、最高裁判所は「公務員の政治的中立性を損なうおそれのある政治的行為を禁止することは、それが合理的で必要やむを得ない限度にとどまるものである限り、憲法の許容するところである」と判示しました。つまり、公務員にも政治活動の自由は保障されているものの、その政治活動の内容が政治的中立性を損なうおそれのあるものである場合には、合理的で必要やむを得ない限度において制限することは合憲である、としています。

エ:正しい。定住外国人の地方参政権を巡る裁判において、平成7年2月28日最高裁判決は「憲法93条2項は、我が国に在留する外国人に対して地方公共団体における選挙の権利を保障したものとはいえない」としたうえで、「我が国に在留する外国人のうちでも永住者等であってその居住する区域の地方公共団体と特段に緊密な関係を持つに至ったと認められるものについて(中略)法律をもって地方公共団体の長、その議会の議員等に対する選挙権を付与する措置を講ずることは、憲法上禁止されているものではない」が、「このような措置を講じないからといって違憲の問題を生ずるものではない」としました。

オ:間違い。拘禁中に喫煙をしたいと申し出て、それを拒否されたため、「喫煙の自由」について争われた事案に対する最高裁判決(昭和45年9月16日)によると、「喫煙の自由」は憲法13条の基本的人権の一つに含まれるとしても、いついかなる時でも保障されなければならないものではない」としました。つまり、本事案のように、喫煙を許すことにより、証拠隠滅や火災発生により被拘束者の脱走が予想されるように、制限をすることが必要かつ合理的なものである場合には憲法に違反しない、としました。よって、制限の必要性を考察したうえで制限する必要があります。

評価後のアイコン
2017/09/12 22:26
ID : aenfguekf
評価する
0
評価しない
ア 誤り
 法人の人権(政治的自由)が問われた八幡製鉄事件(最判昭45.6.24)。
3つの争点について、最高裁が下した判断は次のようなものでした。
 (1)政治献金は会社の権利能力の範囲内である。
 (2)会社の政治献金は参政権違反ではない
 (3)取締役の忠実義務に違反しない
この判決の論旨は、会社も自然人と同様に政治献金することができるというもので、問題文の国民による政治資金の寄附と別異に扱うべきである。に反します。

 この判例と対にして、南九州税理士会事件(平成8年3月19日)において、最高裁判所は「税理士会が政党など規正法上の政治団体に金員の寄付をすることは、たとい税理士に係る法令の制定改廃に関する政治的要求を実現するためのものであっても、法四九条二項で定められた税理士会の目的の範囲外の行為であり、右寄付をするために会員から特別会費を徴収する旨の決議は無効であると解すべきである。」という判断を下した事も覚えておきましょう。

 八幡製鉄事件の原告は株主なので、会社による特定政党への政治献金が株主の意に添わなければ、株式を売却する自由がある。一方、税理士会は税理士が強制的に参加する組織であり、政治献金を不満として税理士会を脱退する自由はない事が理由となりました。
 この2つの判決に25年以上の隔たりがあり、その間に政治資金規正法の改正が行われ、又、政治改革が大きな課題となったことも影響があったと考えられます。


イ 誤り
 常識で考えても、入国管理局やビザ(在留資格)って何のためと考えれば、入国の自由はないと判断できます。
 再入国についてはベトナム戦争当時、日本で反戦活動をしていたマクリーン氏が、アメリカに一時帰国後、日本への再入国を拒否されたいわゆるマクリーン事件(最大判昭和53.10)がありました。
 この判決では「憲法上、外国人は、我が国に入国する自由を保障されているものでない」「外国人の在留の許否は国の裁量に委ねられ、我が国に在留する権利ないし引き続き在留することを要求することが出来る権利を保障されているものでもない」と述べられています。


ウ 正しい
 猿払事件(最判昭49.11.6)。労働組合協議会事務局長を務めていた郵便局員が勤務時間外に支持政党のポスターを公営掲示板に自ら掲示したり、人に配布させたことが、国家公務員法違反であるとして罰金刑を課せられた事について争われました。
 最高裁の判断は、行政の中立的運営とこれに対する国民の信頼を確保することは国民全体の共同利益であるとして、公務員の政治的行為の禁止が合理的で、必要やむを得ない限度にとどまるものである限り、憲法の許すところである、というものでした。


エ 正しい
 外国人の参政権(最判平7.2.28)。

憲法15条1項 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。
憲法93条2項 地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、その地方公共団体の住民が、直接これを選挙する。
を前提とし、判決では「国民」「住民」に在留外国人は含まれないとしました。

 その上で「我が国に在留する外国人のうちでも永住者等であってその居住する区域の地方公共団体と特段に緊密な関係を持つに至ったと認められるものについて、その意思を日常生活に密接な関連を有する地方公共団体の公共的事務の処理に反映させるべく、法律をもって、地方公共団体の長、その議会の議員等に対する選挙権を付与する措置を講ずることは、憲法上禁止されているものではないと解するのが相当である。
しかしながら、右のような措置を講ずるか否かは、専ら国の立法政策にかかわる事柄であって、このような措置を講じないからといって違憲の問題を生ずるものではない」と述べています。


オ 誤り
 喫煙の自由(最判昭和45.9.16)
 最高裁は「喫煙の自由は憲法13条の基本的人権のひとつに含まれるとしても」と基本的人権に含まれることを認めた上で、「あらゆる時、場合において保障されなければならないものではない」としました。
 原告はこの時拘禁中であり、タバコの火を用いて証拠隠滅や火災を発生させて混乱に乗じて逃走するおそれがあったから、喫煙禁止は拘禁の目的、制限の必要性や態様などについて考察した上で、必要かつ合理的な制限であるとされました。


 いずれも良く問われる判例であり、覚えていれば解答を導き出すのは容易です。仮に全く憲法を勉強したことがなかったとしても、日常のニュース等の常識からイは変、エは外人の知事や議員は見たことがないということから、4か5だろうと当たりを付けた上で、オはちょっと厳しすぎるかなという感覚で選んでも、正解に至ることは可能です。
 覚えていないものが出題されても慌てずに、日常の常識も使って挑戦して下さい。
評価後のアイコン
2018/12/04 23:00
ID : dzxtfvqz
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
この司法書士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。