過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

司法書士「平成28年度」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 80%

残り : 69
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 69
クリア

合格者一覧へ
取材の自由に関する次のアからオまでの記述のうち、判例の趣旨に照らし誤っているものの組合せは、後記1から5までのうち、どれか。


ア  報道機関による事実の報道の自由は、表現の自由を規定した憲法第21条の保障のもとにあり、また、このような報道機関の報道が正しい内容をもつためには、報道の自由とともに、報道のための取材の由も、憲法第21条の精神に照らし、十分尊重に値する。

イ  報道機関の国政に関する取材行為は、取材の手段・方法が一般の刑罰法令に触れる行為を伴う場合はもちろん、その手段・方法が一般の刑罰法令に触れないものであっても、取材対象者である国家公務員の個人としての人格の尊厳を著しく蹂躙する等法秩序全体の精神に照らし社会観念上是認することのできない態様のものである場合にも、正当な取材活動の範囲を逸脱し違法性を帯びる。

ウ  憲法が裁判の対審及び判決を公開法廷で行うことを規定しているのは、手続を一般に公開してその審判が公正に行われることを保障する趣旨にほかならず、公判廷の状況を一般に報道するための取材活動として行われる写真撮影は、その後に行われる報道を通じて審判の公正の担保に資する点で正にこの趣旨に合致するものであるから、取材のための公判廷における写真撮影の許可を裁判所の裁量に委ねることは、許されない。

エ  国家の基本的要請である公正な刑事裁判を実現するためには、適正迅速な捜査が不可欠の前提であるが、取材により得られたビデオテープを証拠として押収することについては、付審判請求事件を審理する裁判所の提出命令に基づき提出させる場合よりも、裁判官が発付した令状に基づき検察事務官が差し押さえる場合の方が、取材の自由に対する制約の許否に関して、より慎重な審査を必要とする。

オ  報道関係者の取材源の秘密は、民事訴訟法第197条第1項第3号の「職業の秘密」に当たるが、取材源の秘密が保護に値する秘密であるかどうかは、秘密の公表によって生ずる不利益と証言の拒絶によって犠牲になる真実発見及び裁判の公正との比較衡量により決せられる。


(参考)
憲法
第21条  集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。
民事訴訟法
第197条  次に掲げる場合には、証人は、証言を拒むことができる。

一・二  (略)
三  技術又は職業の秘密に関する事項について尋問を受ける場合
2 (略)
 1 . 
アエ
 2 . 
アオ
 3 . 
イウ
 4 . 
イオ
 5 . 
ウエ
( 平成28年度 司法書士試験 午前の部 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69

この過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
正解は 5 です。

誤っている選択肢は、ウとエなので、5が正解となります。

各選択肢の解説は、以下のとおりです。

ア. 判例は、事実の報道の自由は、表現の自由を規定した憲法21条の保障の下にあることは言うまでもない。また、このような報道機関の報道が正しい内容を持つためには、報道の自由とともに、報道のための取材の自由も、憲法21条の精神に照らし、十分に尊重に値するものと言わなければならない、としています(最高裁昭和44年11月26日判決参照)。従って、本選択肢は正しいです。

イ. 判例は、取材の手段、方法が贈賄、脅迫、強要等の一般の刑罰法令に触れる行為を伴う場合はもちろん、その手段・方法が一般の刑罰法規に触れない場合であっても、取材対象者の個人としての人格の尊厳を著しく蹂躙する等法秩序全体の精神に照らして社会観念上是認できない態様のものである場合にも、正当な取材活動の範囲を逸脱し、違法性を帯びるものと言わなければならない、としています(最高裁昭和53年5月31日判決)。従って、本選択肢は正しいです。

ウ. 判例は、憲法が裁判の対審及び判決を公開法廷で行うことを規定しているのは、手続きを一般に公開してその審判が公正に行われることを保障する趣旨に他ならないとしつつ、公判廷における写真の撮影等は、その行われる時、場所等のいかんによっては、前記のような好ましくない結果を生じる恐れがあるので、刑事訴訟規則215条は、写真撮影の許可等を裁判所の裁量にゆだね、その許可に従わない限り、これらの行為をすることができないことを明らかにしたのであって、右規則は憲法に違反するものではない、としています(最高裁昭和33年2月17日決定)。従って、本選択肢は誤りです。

エ. 判例は、付審判請求事件を審理する裁判所の提出命令に関する事案と、検察官の請求によって発付された裁判官の差押許可状によって検察事務官が行った差押処分に関する事案は、報道の自由ないし取材の自由に対する制約の拒否に関しては、本質的に差がない、としています(最高裁平成元年1月30日決定参照)。従って、本選択肢は誤りです。

オ. 判例は、報道関係者の取材源は、一般に、それがみだりに開示されると、報道関係者と取材源となる者の間の信頼関係が損なわれ、将来にわたる自由で円滑な取材活動が妨げられることとなり、報道機関の業務に深刻な影響を与え、以後、その遂行が困難になるものと解されるので、取材源の秘密は職業上の秘密に当たるというべきであり、保護に値する秘密であるかどうかは、秘密の公表により生ずる不利益と証言の拒絶によって犠牲になる真実発見及び裁判の構成との比較考量により決せられるというべきである、としています(最高裁平成18年10月3日決定参照)。従って、本選択肢は正しいです。
評価後のアイコン
2017/12/22 17:04
ID : vkwhjenv
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
ア正
事実の報道の自由は憲法21条の保障のもとにありますが取材の自由は尊重に値するとされています。

イ正
社会観念上是認することのできない態様の取材行為は違法性を帯びます。

ウ誤
写真撮影の許可を裁判所の裁量に委ねることは憲法違反ではありません。

エ誤
そのような判示はありません。

オ正
その通り。比較衡量によって判断されます。
評価後のアイコン
2017/11/05 14:34
ID : btvanckms
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この司法書士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。