過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

司法書士「平成29年度」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 80%

残り : 70
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 70
クリア
次の文章は、職業選択の自由に対する規制の合憲性判断の手法についての文章である。(   )の中に適切な語句を挿入して文章を完成させた場合に、( ① )から( ③ )までに入る語句の組合せとして最も適切なものは、後記1から5までのうち、どれか。

職業選択の自由に対する規制については、国民の生命・健康に対する危険を防止又は除去若しくは緩和するための(   )目的規制と社会公共の便宜を促進し社会的・経済的弱者を保護するための、(   )目的規制に区別し、( ① )目的規制の場合には(   )目的規制の場合よりも規制立法の合憲性を厳格に審査すべきであるとの考え方がある。
この考え方に対しては、例えば、(   )目的規制と(   )目的規制の両面の要素を有する場合があることや、公衆浴場の適正配置規制に関する判例のように従来は( ② )目的規制と捉えられたものが事情の変化によって(   )目的規制と解されるようになる場合があることなど、(   )目的規制か(   )目的規制かの区別は相対的であるとの指摘があるほか、判例の中にも、酒類販売業の免許制について、(   )目的規制か(   )目的規制かを明らかにすることなく、租税の適正かつ確実な賦課徴収を図るという財政目的による規制であるとした上、( ③ )ものがある。
 1 . 
①積極 ②積極 ③その必要性と合理性についての立法府の判断が著しく不合理でないかの検討が必要であるとした
 2 . 
①積極 ②積極 ③より緩やかな規制手段で同じ目的を達成することができるかの検討が必要であるとした
 3 . 
①消極 ②積極 ③より緩やかな規制手段で同じ目的を達成することができるかの検討が必要であるとした
 4 . 
①消極 ②消極 ③その必要性と合理性についての立法府の判断が著しく不合理でないかの検討が必要であるとした
 5 . 
①消極 ②消極 ③より緩やかな規制手段で同じ目的を達成することができるかの検討が必要であるとした
( 平成29年度 司法書士試験 午前の部 )

この過去問の解説(2件)

評価する
2
評価しない
正解は 4です。


( ① )の解説


職業選択の自由に対する規制については、国民の生命・健康に対する危険を防止又は除去し若しくは緩和するための消極的目的規制と、社会公共の便宜を促進し社会的経済的弱者を保護するための積極的目的規制の区別する考えがあります。この考え方によれば、消極目的の規制の場合には、積極目的の規制よりも、規制立法の合憲性を厳格に審査すべきとされています。従って、( ① )には「消極」が入ります。


( ② )の解説


公衆浴場の適正配置規制については、従来の判例は、公衆浴場の偏在・乱立から生じる弊害を国民保健及び環境衛生を保持する上から防止するという消極目的規制と捉えていました。しかし、その後、公衆浴場業者が経営困難から転廃業することを防止するという積極的目的規制と捉える判例も登場しました。従って、( ② )には「消極」が入ります。


( ③ )の解説


種類販売業の免許制については、判例は、消極目的規制か積極目的規制かという区別を明示せずに、「租税の適正かつ確実な賦課徴収を図るという国家の財政目的のための職業を許可制とする規制については、その必要性と合理性についての立法府の判断が、政策的・技術的な裁量の範囲を逸脱するもので、著しく不合理なものでない限り、これを憲法22条1項の規定に違反するものということはできない」としています。従って、( ③ )には「その必要性と合理性についての立法府の判断が著しく不合理でないかの検討が必要である」が入ります。

以上により、①=「消極」、②=「消極」、③=「その必要性と合理性についての立法府の判断が著しく不合理でないかの検討が必要である」が入るので、4が正解となります。

評価後のアイコン
2018/11/16 11:04
ID : vkwhjenv
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は4です。()の記載は以下の通りです。
職業選択の自由に対する規制については、国民の生命・健康に対する危険を防止又は除去若しくは緩和するための(消極)目的規制と社会公共の便宜を促進し社会的・経済的弱者を保護するための、(積極)目的規制に区別し、(消極)目的規制の場合には(積極)目的規制の場合よりも規制立法の合憲性を厳格に審査すべきであるとの考え方がある。
この考え方に対しては、例えば、(消極)目的規制と(積極)目的規制の両面の要素を有する場合があることや、公衆浴場の適正配置規制に関する判例のように従来は(消極)目的規制と捉えられたものが事情の変化によって(積極)目的規制と解されるようになる場合があることなど、(消極)目的規制か(積極)目的規制かの区別は相対的であるとの指摘があるほか、判例の中にも、酒類販売業の免許制について、(消極)目的規制か(積極)目的規制かを明らかにすることなく、租税の適正かつ確実な賦課徴収を図るという財政目的による規制であるとした上、(その必要性と合理性についての立法府の判断が著しく不合理でないかの検討が必要であるとした)ものがある。
評価後のアイコン
2018/12/31 17:00
ID : fuatuqbmvf
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
この司法書士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。