過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

司法書士「午前の部」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 140問 正解) 全問正解まであと140問
商人(小商人、会社及び外国会社を除く。)の商号に関する次の1から5までの記述のうち、判例の趣旨に照らし正しいものは、どれか。
 1 . 
商人は、その商号の登記をしなければ、不正の目的をもって自己の商号を使用する者に対し、その使用の差止めの請求をすることができない。
 2 . 
自己の商号を使用して営業を行うことを他人に許諾した商人は、当該商人が当該営業を行うものと誤認して当該他人と取引をした者に対し、当該他人が当該取引に関する不法行為により負担することとなった損害賠償債務を弁済する責任を負わない。
 3 . 
一人の商人は、数種の独立した営業を行う場合であっても、複数の商号を選定することができない。
 4 . 
商号は、数人の相続人が共同相続をすることができない。
 5 . 
商号は、営業とともにする場合又は営業を廃止する場合に限り、譲渡することができる。
( 平成29年度 司法書士試験 午前の部 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説

まだ、解説はありません。
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この司法書士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。