過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第一種電気工事士の過去問 令和2年度(2020年) 配線図問題 問42

問題

このページは問題閲覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
図は、三相誘導電動機を、押しボタンの操作により正逆運転させる制御回路である。この図の矢印で示す箇所に関する以下の問いに対して、答えを1つ選びなさい。
(注)図において、問いに直接関係のない部分等は、省略又は簡略化してある。

②で示す接点の役目は。
問題文の画像
   1 .
押しボタンスイッチPB−2を押したとき、回路を短絡させないためのインタロック
   2 .
押しボタンスイッチPB−1を押した後に電動機が停止しないためのインタロック
   3 .
押しボタンスイッチPB−2を押し、逆転運転起動後に運転を継続するための自己保持
   4 .
押しボタンスイッチPB−3を押し、逆転運転起動後に運転を継続するための自己保持
( 第一種 電気工事士試験 令和2年度(2020年) 配線図問題 問42 )
このページは問題閲覧ページの為、解答履歴が残りません。
解答履歴を残すには、
条件を設定して出題する」をご利用ください。

この過去問の解説 (3件)

15

正解は(4)番です。

この問題を解説するうえで簡単にこのシーケンス回路の説明をします。

まず回路に押しボタンが3つある事が分かると思います。

PB1はどのスイッチよりも電源側にあるブレーク接点ですから

これを押すと全ての動作が止まる、

停止スイッチである事が分かります。

※正転、逆転を切り替える際は、

回路にインタロックが組まれているので

一度PB1を押して動作を停止させる必要があります。

PB2を押すとmc-1に電流が流れmc1のスイッチが動作します。

mc1のスイッチは電動機の上にある正転のスイッチ

PB2の左にある自己保持のスイッチ、

(これによってpb2を押し続けなくても、

mc-1のコイルに電流が流れ続けますから、

電動機が動作し続けます。)

mc-2のコイルの上にあるインタロック(ブレーク接点)

(これは万が一PB3を押してしまっても、

このブレーク接点で遮断していますから

回路が短絡しません)。

あとはランプ類の所にもスイッチはありますが、

今回の問題とは関係ありませんので説明を省きます。

PB3を押すと今度はmc-2に電流が流れ

PB2の時と同様、

各連動するマグネットスイッチが動作し

今度は電動機が逆転します。

そして問題は②に示すmc-2のスイッチの役割はという事ですから

これは自己保持のスイッチという事になります。

各選択肢を解説すると下記の通りです。

1 .押しボタンスイッチPB−2を押したとき、回路を短絡させないためのインタロック

これはmc-1の上にある、

mc-2のインタロックの事を指しますから不正解です。

2 .押しボタンスイッチPB−1を押した後に電動機が停止しないためのインタロック

これは誤りです。

PB-1を押しても停止させないためのインタロックを組んでしまうと

THRで止まるまで停止しない電動機になってしまうので不正解です。

3 .押しボタンスイッチPB−2を押し、逆転運転起動後に運転を継続するための自己保持

そもそもPB-2は正転の為のスイッチです。

そして正転の自己保持のスイッチは、

PB2の左にあるmc-1のマグネットスイッチですから。

これは不正解です。

4 .押しボタンスイッチPB−3を押し、逆転運転起動後に運転を継続するための自己保持

これが正解です。

②に示す接点の役割は、

逆転を自己保持させるためのスイッチです。

付箋メモを残すことが出来ます。
4

答えは(4)「押しボタンスイッチPB−3を押し、逆転運転起動後に運転を継続するための自己保持」です。

②で示した MC-2(メーク接点2)は自己保持接点です。

そのため、PB-3を押した後手を離しても、動作を継続します。

【自己保持回路】

電磁リレーに与えられた入力信号による自己接点で、コイルに電流を流して動作回路を作り動作を保持する回路です。

入力信号を除いても、電磁リレーは継続して動作します。

3

点線枠で囲った部分の回路は「自己保持回路」であり、

「インターロック回路」でないことを判断します。

次にMC-2が作動し、接点が閉じると電動機が、

逆転することも読み取ります。

次に押しボタンスイッチPB-2の接点から、

回路図を下に追っていくと、MC-1のコイルがあります。

これは、PB-2を操作するとMC-1が動作します。

そして、回路図でMC-1の接点を探すと、

電動機の電路にMC-1の接点がありその横に、

「正転」の文字があります。

このことからPB-2の操作は電動機を、

「正転」させる操作というのがわかります。

同じように回路図を見ますと、PB-3の操作は、

MC-2コイルに電力を供給し電動機を、

「逆転」させる操作とわかります。

さらに点線で囲われたMC-2は自己保持回路ですので、

以上のことから、「押しボタンスイッチPB-3を押し、

逆転運転起動後に運転を継続するための自己保持」だと、

判断できますので答えは(4)です。

問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
この第一種電気工事士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。