過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第三種電気主任技術者「電力」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 80
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 80
クリア
水力発電所の理論水力Pは位置エネルギーの式からP=pgQHと表される。ここでH[m]は有効落差、Q[m3/s]は流量、gは重力加速度=9.8m/s2汽pは水の密度=1000kg/m3である。以下に理論水力Pの単位を検証することとする。なお、Paは「パスカル」、Nは「ニュートン」、Wは「ワット」、Jは「ジュール」である。
P=pgQHの単位はp、g、Q、Hの単位の積であるから、kg/m3・m/s2・m3/s・mとなる。これを変形すると、( ア )・m/sとなるが、( ア )は力の単位( イ )と等しい。すなわちP=pgQHの単位は( イ )・m/sとなる。ここで( イ )・mは仕事(エネルギー)の単位である( ウ )と等しいことからP=pgQHの単位は( ウ )/sと表せ、これは仕事率(動力)の単位である( エ )と等しい。ゆえに、理論水力P=pgQHの単位は( エ )となるが、重力加速度g=9.8m/s2と水の密度p=1000kg/m3の数値9.8と1000を考慮するとP=9.8QH[( オ )]と表せる。

上記の記述中の空白箇所(ア)、(イ)、(ウ)、(エ)及び(オ)に当てはまる組合せとして、正しいものを次の( 1 )〜( 5 )のうちから一つ選べ。
 1 . 
(ア)kg・m  (イ)Pa  (ウ)W  (エ)J  (オ)kJ
 2 . 
(ア)kg・m/s2  (イ)Pa  (ウ)J  (エ)W  (オ)kW
 3 . 
(ア)kg・m  (イ)N  (ウ)J  (エ)W  (オ)kW
 4 . 
(ア)kg・m/s2  (イ)N  (ウ)W  (エ)J  (オ)kJ
 5 . 
(ア)kg・m/s2  (イ)N  (ウ)J  (エ)W  (オ)kW
( 第三種 電気主任技術者試験 平成27年度(2015年) 電力 )

この過去問の解説(1件)

評価する
0
評価しない
(ア)は文中の単位を整理することにより導出できます。
kg/m^3×m/s^2×m^3/s×m=kg・m/s^2×m/s
よって2、4、5に絞られます。

導出したkg・m/s^2は力の単位 N と等しくなります。
ちなみにPaの単位はN/m^2=kg/ms^2であり、単位面積あたりの N です。
これで4と5に絞られます。

あとは単位時間 s あたりの仕事 J が仕事率 W であることを知っていれば正解が5であることがわかります。
評価後のアイコン
2019/02/17 12:02
ID : mnsaqkbahv
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
この第三種電気主任技術者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。