過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第三種電気主任技術者「法規」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 60%

残り : 96
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 96
クリア
[ 設定等 ]
次の文章は、「電気事業法」に規定される自家用電気工作物に関する説明である。

自家用電気工作物とは、電気事業の用に供する電気工作物及び一般用電気工作物以外の電気工作物であって、次のものが該当する。

a  ( ア )以外の発電用の電気工作物と同一の構内(これに準ずる区域内を含む。以下同じ。)に設置するもの
b  他の者から( イ )電圧で受電するもの
c  構内以外の場所(以下「構外」という。)にわたる電線路を有するものであって、受電するための電線路以外の電線路により( ウ )の電気工作物と電気的に接続されているもの
d  火薬類取締法に規定される火薬類(煙火を除く。)を製造する事業場に設置するもの
e  鉱山保安法施行規則が適用される石炭坑に設置するもの

上記の記述中の空白箇所(ア)、(イ)及び(ウ)に当てはまる組合せとして、正しいものを次の( 1 )〜( 5 )のうちから一つ選べ。
   1 .
(ア)小出力発電設備        (イ)600Vを超え7000V未満の  (ウ)需要場所 
   2 .
(ア)再生可能エネルギー発電設備  (イ)600Vを超える       (ウ)構内
   3 .
(ア)小出力発電設備        (イ)600V以上7000V以下の   (ウ)構内
   4 .
(ア)再生可能エネルギー発電設備  (イ)600Vを超える       (ウ)構外
   5 .
(ア)小出力発電設備        (イ)600Vを超える       (ウ)構外
( 第三種 電気主任技術者試験 平成27年度(2015年) 法規 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない
正しい組み合わせは、5番です。

自家用電気工作物とは、電気事業の用に供する電気工作物及び一般用電気工作物以外の電気工作物であって、次のものが該当します。


(ア)
「小出力発電設備」以外の発電用の電気工作物と同一の構内に設置するもの

小出力発電設備は一般用電気工作物です。


(イ)
他の者から「600Vを超える」電圧で受電するもの

600V以下で受電するものは一般用電気工作物です。


(ウ)
構内以外の場所にわたる電線路を有するものであって、受電するための電線路以外の電線路により「構外」の電気工作物と電気的に接続されているもの

一般用電気創作物は「構外」の電気工作物と電気的に接続されていないものになります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない

電気工作物には、事業用電気工作物と一般用電気工作物に
分けることができます。
この問題で問われている「自家用電気工作物」は、
事業用電気工作物に含まれます。

小出力発電設備には、
・太陽光設備であって、出力50kW未満のもの
・風力発電設備であって、出力20kW未満のもの
・水力発電設備であって、出力10kW未満のもの
・・・など様々あります。
小出力発電設備は一般用電気工作物として指定されており、
「小出力発電設備」が正解です。

600V以下で受電する場合は、「一般用電気工作物」となるため、「600Vを超える」が正解です。

本文中に、「構内以外の場所(以下「構外」という。)」と書いてあるため、「構外」が正解です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この第三種電気主任技術者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。