過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第三種電気主任技術者「平成29年度(2017年)」の過去問を出題

問題

電界の状態を仮想的な線で表したものを電気力線という。この電気力線に関する記述として、誤っているものを次の( 1 )~( 5 )のうちから一つ選べ。
   1 .
同じ向きの電気力線同士は反発し合う。
   2 .
電気力線は負の電荷から出て、正の電荷へ入る。
   3 .
電気力線は途中で分岐したり、他の電気力線と交差したりしない。
   4 .
任意の点における電気力線の密度は、その点の電界の強さを表す。
   5 .
任意の点における電界の向きは、電気力線の接線の向きと一致する。
( 第三種 電気主任技術者試験 平成29年度(2017年) 理論 問1 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない

正解:【2】

1)同じ向きの電気力線はお互い反発し合います。こちらは正しい記述です。

2)電気力線は正の電荷から負の電荷へ流れます。こちらは誤った記述です。

3)電気力線は電荷から電荷へ流れ、途中で分岐したり交差したりしません。こちらは正しい記述です。

4)電気力線の密度は電界の強さを示す方法として使われています。こちらは正しい記述です。

5)電気力線と電界は同じ向きになっています。こちらは正しい記述です。

以上により、選択肢の【2】が誤った記述です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
1. 正しい記述です。電気力線は互いに反発し合います。

2. 誤った記述です。電気力線は『正』の電荷から出て、『負』の電荷で終結します。

3. 正しい記述です。電気力線は正電荷以外の点から発生することはありません。

4. 正しい記述です。電気力線の密度は、その点の電界の強さを表します。(例えば、正の点電荷の周辺の電界の強さは、電気力線の密度の高い電荷の近くでは電界が強く、電気力線の密度の低い離れた場所では電界が弱くなります。)

5. 正しい記述です。電界の向きと電気力線の接線の向きは一致します。

よって、この問題の正解は【2】となります。
評価後のアイコン
評価する
-1
評価しない
電気力線の性質に関する問題です。

1.正しい記述です。電気力線は正電荷同士、負電荷同士では斥力が、正電荷、負電荷の組み合わせでは引力が働きます。

2.電気力線は正の電荷から負の電荷へと入ります。記述は反対ですので、これが間違いです。

3.正しい記述です。電気力線は交わることはありません。

4.正しい記述です。電気力線の密度はその場所の電界の強さを表します。

5.正しい記述です。電気力線の向きは電界の向きと同じです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この第三種電気主任技術者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。