過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

第三種電気主任技術者「平成27年度(2015年)」の過去問をランダムに出題

問題

定格容量が50kV・Aの単相変庄器3台をΔ−Δ結線にし、一つのバンクとして、三相平衡負荷(遅れ力率0.90)に電力を供給する場合について、次の問に答えよ。
故障した変圧器を同等のものと交換して50kV・Aの単相変圧器3台をΔ−Δ結線で復旧した後、力率改善のために、進相コンデンサを接続し、バンクの定格容量を超えない範囲で最大限まで三相平衡負荷(遅れ力率0.90)を増加し使用したところ、力率が0.96(遅れ)となった。このときに接続されている三相平衡負荷の消費電力の値[kW]として、最も近いものを次の( 1 )〜( 5 )のうちから一つ選べ。
問題文の画像
   1 .
135
   2 .
144
   3 .
150
   4 .
156
   5 .
167
( 第三種 電気主任技術者試験 平成27年度(2015年) 法規 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない
正解は2番の、144[kW]です。


【解説】
 ⊿結線全体の容量は、各相の容量の合計です。
 
 「バンクの定格容量を超えない範囲で最大限まで三相平衡負荷を増加した」
 とありますので、コンデンサ接続後の力率が0.96となった合計負荷の皮相電力は、⊿結線全体の容量と等しくなります。


【計算】

 ⊿結線全体の容量=50*3=150[kVA]

 P=50*0.96=144[kW]

となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
進相コンデンサを挿入することで力率90%から96%が改善された。

また、△-△結線となり変圧器容量は50kVA×3=150kVAとなっています。

このとき、
150×0.96=144kVAとなります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この第三種電気主任技術者 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。