過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第11124問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、児童相談所に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 児童相談所は、各都道府県、政令指定都市、中核市に設置義務がある。
B 児童相談所の設置は、人口20万人に1か所程度とされており、平成23年12月現在、全国に635か所設置されている。
C 平成23年度、全国の児童相談所の相談受付件数の相談の種類で、最も多いのは児童虐待相談等を含む「養護相談」である。
D 児童相談所で行われる判定の為の診断には、「社会診断」、「心理診断」、「医学診断」、「行動診断」、「その他の診断」がある。
   1 .
A○  B○  C○  D×
   2 .
A○  B○  C×  D○
   3 .
A○  B×  C×  D×
   4 .
A×  B×  C○  D○
   5 .
A×  B×  C×  D○
( 保育士試験 平成25年(2013年) 社会的養護 問34 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
121
評価しない
正解は5です。

A ×
児童相談所の設置義務が課せられているのは、各都道府県・政令指定都市です。
中核市は児童相談所を設置することができますが、設置義務は課せられていません(児童福祉法第12条、第59条の4)。

B ×
児童相談所の設置は、人口20万人に1か所ではなく、人口50万人に最低1か所程度が必要だとされています(児童相談所運営指針の改正について)。
また、平成23(2011)年12月時点で設置されている児童相談所の数は、全国で206か所です。

C ×
最も多い相談は「養護相談」ではなく、「障害相談」です。

D ○
適切な記述です。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
40
評価しない
地方自治体に置かれる福祉機関においては、設置義務・任意設置があります。
設置義務・任意設置を覚えておけばスムーズに解答が導き出せると思います。婦人相談所、各更生相談所なども併せて確認をしておきましょう。

A.誤り。児童相談所は各都道府県、指定都市に設置義務です。中核市は「可能」となっています。

B.誤り。設問Aの答えが分かれば何となく想像は付くかと思います。各都道府県47、指定都市、中核市を合わせてH23.12月現在206カ所設置されています。

C.誤り。相談内容は最も多いのは障害相談で次に虐待相談・養護相談の順です。

D.正しい。正しい説明です。

よって×××○となり選択肢5が正解となります。
評価後のアイコン
評価する
21
評価しない
正解は5です。

A:×
設置義務が課せられているのは都道府県、指定都市です。中核市は「設置できる」という規定です。

B:×
人口50万人に最低1か所程度とされています。

C:×
最も多い相談内容は「障害相談」です。「養護相談」、「育成相談」と続きます。

D:〇
児童福祉司、相談員等による社会診断、医師による医学診断、児童心理司等による心理診断、保育士、児童指導員等による行動診断、その他の診断を基礎として総合診断が行われます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。