過去問.com

保育士試験 平成25年度(2013年) 保育の心理学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の【I群】の発達の理論と【II群】の人名とを結びつけた場合の最も適切な組み合わせを一つ選びなさい。

【I群】
A 生得的に内在する能力は時期に応じておのずと展開していくと考え、学習ができるようになる心身の準備性があるとした。
B 人は環境からの働きかけの受け手であり、行動は環境からの言語的指示、行動への賞・罰のフィードバックなどにより獲得されるとした。
C 他者の行動およびその結果を観察することによって、自らの行動を変容させたり新しい行動を習得したりするとした。
D 能動性を重視し、同化と調節によってシェマを変容させ、知識を構成していくとした。
E 能動性だけでなく、人とのかかわりを通した学びも重視し、発達の最近接領域への働きかけによって認知的発達がなされるとした。

【II群】
ア ゲゼル(Gesell, A.L.)
イ ピアジェ(Piaget, J.)
ウ バンデューラ(Bandura, A.)
エ ヴィゴツキー(Vygotsky, L.S.)
オ フェスティンガー(Festinger, L.)
カ バウアー(Bower, T.G.R.)
キ ワトソン(Watson, J.B.)

 1 . 
Aア  Bイ  Cウ  Dカ  Eエ
 2 . 
Aア  Bウ  Cイ  Dエ  Eキ
 3 . 
Aア  Bキ  Cウ  Dイ  Eエ
 4 . 
Aウ  Bア  Cオ  Dカ  Eキ
 5 . 
Aエ  Bオ  Cア  Dイ  Eカ
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
7

正解は3です。

A ア:ゲゼル
設問の内容は、ゲゼルが唱えた「遺伝論(成熟優位説)」の説明です。

B キ:ワトソン
設問の内容は、ワトソンが唱えた「環境論(学習優位説、経験説)」の説明です。

C ウ:バンデューラ
設問の内容は「社会的学習」の説明です。バンデューラは、社会的学習の中の「観察学習(モデリング)」について、子どもの攻撃行動をみる有名な実験を行いました。

D イ:ピアジェ
設問の内容は、スイスの発達心理学者・ピアジェが提唱した発達理論です。

E エ:ヴィゴツキー
設問の内容は、子どもには自分で解決可能な領域と、まったく解決できない領域の間に、援助があれば解決可能だという領域(発達の最近接領域)があり、その領域に働きかけることが教育において重要だとしたヴィゴツキーの理論の説明です。

2015/01/29 07:22
ID : qbkbkyvwno
1

正解は3です。

ゲゼル・・・生得的に内在する能力は時期に応じておのずと展開していくと考え、学習ができるようになる心身の準備性があるとした。

ピアジェ・・・能動性を重視し、同化と調節によってシェマを変容させ、知識を構成していくとした。

バンデューラ・・・他者の行動およびその結果を観察することによって、自らの行動を変容させたり新しい行動を習得したりするとした。

ヴィゴツキー・・・能動性だけでなく、人とのかかわりを通した学びも重視し、発達の最近接領域への働きかけによって認知的発達がなされるとした。

ワトソン・・・人は環境からの働きかけの受け手であり、行動は環境からの言語的指示、行動への賞・罰のフィードバックなどにより獲得されるとした。

2016/02/17 11:22
ID : vvenfoax
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。