保育士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

保育士の過去問 第11194問 出題

問題

次の文は、「2012年改訂版 保育所における感染症対策ガイドライン」(厚生労働省)に関する記述である。適切な記述を一つ選びなさい。
 1 . 
病原体が体内に侵入することを感染症という。
 2 . 
乳幼児における感染症の特徴は学童、生徒にみられるものと同様である。
 3 . 
飛沫感染とは、感染している人から飛び出した小さな水滴(飛沫)が空気を介して拡散し、遠くにいる人もそれを吸い込むことによって起こる感染経路である。
 4 . 
「解熱した後3日を経過するまで」とは、解熱した日を入れて4日間である。
 5 . 
通常のインフルエンザに罹患した場合、5日間休むことが求められる。

この保育士 過去問の解説(2件)

評価する
11
評価しない
正解は4です。

1 ×
病原体が体内に侵入して増殖することが「感染」で、その結果、症状が現れてきた状態のことを「感染症」といいます。

2 ×
乳幼児は学童や生徒と比べて免疫が未熟で、感染症になりやすいものです。


3 ×
飛沫感染で感染する範囲は周囲1~2メートルぐらいです。
空気を介して遠くの人にも感染するのは、空気感染になります。

4 ○
適切な記述です

5 ×
インフルエンザにかかった場合は、「発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日(幼児にあっては3日)を経過するまで」とされています。よって、場合によっては5日間以上の休みが必要となります。
評価後のアイコン
2015/04/03 11:52
ID : qbkbkyvwno
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解…4
以下、不正解選択肢についての補足
1:病原体が体内に侵入することは感染と呼ばれる.『感染症』は読んで字のごとく感染に伴う症状を指す.
2:乳幼児の場合は非定型の疾病であり、身体的により安定した学童や生徒とは違って反応がより大きかったり、あるいは鈍かったりする.
3:感染している人が拡散した飛沫を含む空気の近くにいる人がそれを吸い込むことによって起こる感染経路を飛沫感染と呼ぶ.
5:インフルエンザは発症して5日を経過し、かつ解熱して2日を経過するまで休まなければならない.したがって解熱が遅ければ6日以上休むことが求められる.
評価後のアイコン
2014/10/22 11:45
ID : smkxadbxwc
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。