過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第11215問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、乳汁栄養に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 母乳中の感染抑制物質のうち、免疫グロブリンの大部分を占める免疫グロブリンG(IgG)は、初乳に特に多く含まれ、新生児の感染予防に大きな役割を果たしている。
B 母乳中のオリゴ糖は、ウェルシュ菌の増殖を促進する。ウェルシュ菌の作用によって腸内が酸性に傾き、腸内の病原菌の繁殖が抑えられる。
C 「乳児用調整粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドライン」(WHO/FAO共同作成)に沿い、調乳のポイントとして、「乳児用調整粉乳の調乳に当たっては、使用する湯は70度以上を保つこと。(12ヶ月以下の乳児を対象)」があげられる。
D 育児用ミルクには、脂肪酸の一種であるタウリンが添加されている。
   1 .
A○  B○  C○  D×
   2 .
A○  B○  C×  D○
   3 .
A○  B×  C○  D○
   4 .
A×  B×  C○  D×
   5 .
A×  B×  C×  D○
( 保育士試験 平成25年(2013年) 子どもの食と栄養 問125 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
52
評価しない
正解は4です。

A ×
初乳に多く含まれるのは「免疫グロブリンA(IgA)」です。

B ×
オリゴ糖が増殖を促進するのは、善玉菌のビフィズス菌です。
ウェルシュ菌は、悪玉菌の代表格です。

C ○
適切な記述です。

D ×
タウリンは脂肪酸ではなく、含硫アミノ酸の一種です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
27
評価しない
正解…4
A:初乳に特に多く含まれるのはlgAである.
B:母乳中のオリゴ糖はビフィズス菌の増殖を促進する.
D:育児用ミルクに添加されているのはドコサヘキサエン酸である.
評価後のアイコン
評価する
10
評価しない
正解は4です。

A 初乳に多く含まれるのは免疫グロブリンAです。

B オリゴ糖には「ビフィズス菌」を増やす作用があります。問題文にあるウェルシュ菌は食中毒の原因となる細菌です。

C 適切です。

D 育児用ミルクに添加されているのはビタミン、カルシウム、マグネシウム、カリウムなどです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。