過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第11223問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、「食育基本法」第2条の一部である。( A )~( C )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

食育は、食に関する( A )を養い、生涯にわたって( B )を実現することにより、国民の( C )と豊かな人間形成に資することを旨として、行われなければならない。
   1 .
A感謝の念    B豊かな食生活  C心身の健康の増進
   2 .
A感謝の念    B健全な食生活  C健康寿命の延長
   3 .
A適切な判断力  B健全な食生活  C心身の健康の増進
   4 .
A適切な判断力  B豊かな食生活  C健康寿命の延長
   5 .
A知識      B健全な食生活  C健康寿命の延長
( 保育士試験 平成25年(2013年) 子どもの食と栄養 問133 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
32
評価しない
正解…3
A:食育は、食に関する適切な判断力を養うことが目的のひとつである.
B:食育は、生涯にわたる健全な食生活の実現を目指す.
C:食育は、心身の健康の増進と豊かな人間形成に資するものであるべきである.
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
19
評価しない
正解は3です。

A 適切な判断力
B 健全な食生活
C 心身の健康の増進

「食育基本法」は2005(平成17)年に創設されました。
その目的は、国民が健全な心身を培い、豊かな人間性を育むため、食育に関する施策を総合的かつ計画的に推進することなどにあります。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正解は3です。

以下が正しい文章です。

食育は、食に関する( A 適切な判断力)を養い、生涯にわたって( B健全な食生活 )を実現することにより、国民の( C 心身の健康の増進)と豊かな人間形成に資することを旨として、行われなければならない。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。