過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第11256問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、わが国の年金制度に関する記述である。( A )~( C )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

Sさん(29歳:女性)は、平成23年10月に、それまで社員として常時雇用されていた建築会社を結婚を機に退社し、専業主婦となった。このため加入していた( A )を脱退し、年金事務所に手続きを行い、( B )の第3号被保険者となったので保険料の納付は( C )となった。なお、Sさんの夫は同じ建築会社の常用労働者である。
 1 . 
A国民年金    B共済年金    C徴収せず
 2 . 
A厚生年金保険  B共済年金    C半額
 3 . 
A国民年金    B厚生年金保険  C半額
 4 . 
A厚生年金保険  B国民年金    C徴収せず
 5 . 
A共済年金    B厚生年金保険  C半額
( 保育士試験 平成24年(2012年) 社会福祉 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
17
評価しない
正解は4です。

Aには「厚生年金保険」が入ります。正社員として働いている場合は、「厚生年金保険」に加入できます。

Bには「国民年金」が入ります。退職により厚生年金保険を脱退すると、国民健康保険の被保険者となります。Bさんの場合、夫が厚生年金保険加入者なので、国民年金保険の第3号被保険者となります。

Cには「徴収せず」が入ります。国民年金の第3号被保険者は、第2号被保険者である配偶者が保険料を納付することになっています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
厚生年金は正社員として働いているときは会社と折半という形で加入しています。しかし、結婚して専業主婦になるということで、加入はできなくなります。しかし、結婚しているのであれば、旦那さんの会社で2人分の国民年金を納めているという形をとることができます。その場合、奥さんは保険料の納付義務はありません。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は4です。

・会社員は厚生年金保険の被保険者となるので(A)には『厚生年金保険』が入ります。

・退職により、厚生年金保険から脱退すると国民年金に加入する必要があります。Sさんの場合、夫が厚生年金保険の被保険者なのでSさんは、国民年金の第3号被保険者になります。よって(B)には『国民年金』が入ります。

・国民年金の第3号被保険者は、第2号被保険者である配偶者が保険料を納付することになっているので、(C)には『徴収せず』が入ります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。