過去問.com
過去問.com  >   保育士 過去問  >   過去問題 一覧  >   保育士 過去問 平成24年度(2012年) 一覧  >   社会福祉 問題11266
問題

保育士 過去問
社会福祉 問題11266

次の文は、苦情解決制度に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 苦情解決制度には、サービス提供者による苦情解決と運営適正化委員会による苦情解決、さらに、都道府県知事の仲裁による苦情解決がある。
B 苦情を第三者的立場から適切に解決するために、「社会福祉法」では、都道府県社会福祉協議会に運営適正化委員会を設置するものとされている。
C サービス提供者による苦情解決制度では、苦情解決の責任者と担当者を置かねばならないとされている。
D 保育所等の児童福祉施設における苦情解決制度の特徴は、サービス利用者が児童であることを踏まえ、申出者は保護者に限定している。

 1 . 
A○  B○  C○  D×
 2 . 
A○  B○  C×  D×
 3 . 
A○  B×  C○  D×
 4 . 
A×  B○  C○  D×
 5 . 
A×  B×  C○  D○
この保育士 過去問の解説(2件)
14

正解は4です。

Aは×です。都道府県知事の仲裁による苦情解決はありません。

Bは○です。「社会福祉法」の第83条で、都道府県社会福祉協議会は、運営適正化委員会が設置しなければならないと定められています。

Cも○です。サービス提供者は、苦情解決において、苦情解決責任者と、苦情解決担当者を置かねばなりません。

Dは×です。サービス利用者である児童も、苦情申出者として認められています。

2014/10/18 01:54
ID : qbkbkyvwno
付箋メモを残すことが出来ます。
10

正解は4です。

A 苦情解決制度は、都道府県の社会福祉協議会に委員会が設置されていますが、知事によるものであはりません。
D 保育所の利用者である児童が申出者となることがあります。

2015/08/05 21:09
ID : zunvuzpjn
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 保育士試験の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ アプリ)から無料でご利用いただけます。
この保育士 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。