過去問.com

保育士試験 平成24年度(2012年) 社会福祉  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の文は、福祉サービスの契約制度に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 契約制度は、当事者同士の意思表示の合致によって成立し、また、その過程では双方の対等性や自由意志が尊重される。
B 契約制度は、1997(平成9)年の「児童福祉法」改正によって保育所の入所方式に市町村との選択契約方式を導入したことにはじまる。
C 措置から契約へという社会福祉基礎構造改革以降、在宅介護の分野を中心として、株式会社、特定非営利活動法人(NPO法人)などの多様な実施主体が社会福祉サービス分野に参入している。
D 適正な福祉サービスの利用を確保するために、「社会福祉法」では、福祉サービスに対する苦情などを抱える人への支援を行うことを明記している。

 1 . 
A○  B○  C○  D○
 2 . 
A○  B○  C○  D×
 3 . 
A○  B○  C×  D○
 4 . 
A○  B×  C○  D○
 5 . 
A×  B○  C○  D○
この問題の解説(1件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
13

正解は1です。

Aは○です。労働契約などの契約は、互いに対等な立場で、自由意思に基づいてかわされます。

Bも○です。契約制度は、保育所選択が措置によるものだったことが児童福祉法の改正で契約に変わったことを皮切りに、介護保険分野などに広がっていっています。

Cも○です。いまや福祉サービスは、株式会社やNPOの存在がなければ成り立たないほどです。

Dも○です。社会福祉法第82条において、社会福祉事業の経営者は、利用者からの苦情の適切な解決に努めなければならないと明記されています。

2014/10/18 02:05
ID : qbkbkyvwno
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。