過去問.com

保育士試験 平成24年度(2012年) 小児保健  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の文は、小児の生理機能の発達についての記述である。適切な記述を一つ選びなさい。

 1 . 
脳の機能は、胎児期から既に発達しており、出生時にはほぼ成熟している。
 2 . 
胎児期の血液の流れすなわち胎児循環と、生後の血液の循環の違いには、肺循環がある。
 3 . 
乳歯は生後形成され始め、前歯は生後6~8か月頃に生え始める。
 4 . 
嚥下機能は、生後ほ乳をすることによって始まる。
 5 . 
乳児では膀胱に尿が溜まるとその刺激が脳で感知され、脳細胞の指令で排尿がおこる。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解…「2」
胎児期は胎児循環によって酸素や栄養を取り入れ、出生後は肺呼吸で酸素を取り入れます。

1・✕
脳の機能は出生後から神経回路が密になるので、脳機能が発達していきます。

3・✕
乳歯は妊娠中にすべての歯が形成され、下顎前歯は生後6~8か月頃に生え始めます。

4・✕
嚥下機能は胎児の16~17週から見られ、羊水を嚥下しています。

5・✕
乳児の頃は、膀胱に尿が溜まるとその刺激が脊椎神経を経て延髄に伝達されて排尿がおこります。延髄は反射的に排尿させる中枢なので、神経機能の未熟な乳児初期は膀胱に尿がたまると反射的に排尿してしまいます。

2014/11/19 00:59
ID : fvejmypcpz
0

【正解】 2

1 ×
出生後に神経回路が密になることによって脳機能が発達していきます。

2 ○
胎内では胎児循環によって母体から酸素、栄養を取り入れています。
出生後は肺呼吸で酸素を取り入れます。

3 ×
歯の元となる歯胚は、妊娠6~8週目から作られ始めます。

4 ×
妊娠8週目頃から嚥下運動が開始され、18週頃には多くの胎児が羊水を嚥下しています。

5 ×
乳児は、膀胱に尿が溜まると脳幹の一部である延髄に伝達され、反射的に排尿をします。

2015/08/04 21:15
ID : kcqnaguv
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。