過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第11321問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、厚生労働省「保育所における感染症対策ガイドライン」の感染症対策に関する記述である。誤ったものを一つ選びなさい。
 1 . 
麻疹に罹患したら、解熱した後3日を経過するまで登園を控える。
 2 . 
水痘に罹患したら、すべての発疹が茄皮化するまで登園を控える。
 3 . 
風疹に罹患したら、発疹が消失するまで登園を控える。
 4 . 
通常のインフルエンザに罹息したら、発症後最低5日間かつ解熱した後2日を経過するまで登園を控える。
 5 . 
流行性耳下腺炎に罹患したら、耳下腺の腫脹が消失するまで登園を控える。
( 保育士試験 平成24年(2012年) 小児保健 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
4
評価しない
正解…「4」
『学校保健安全法施行規則第19条における出席停止の期間の基準について』『第二種(結核、髄膜炎菌性髄膜炎を除く)』参照

4・✕
通常のインフルエンザに罹息したら、発症後最低5日間かつ解熱した後2日『(幼児にあっては3日)』を経過するまで登園を控える。
が正しいです。

第二種は、
他に
・百日咳……特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による
治療が終了するまで。

・咽頭結膜熱……主要症状が消退した後2日を経過するまで。
が、あります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
【正解】 4

「保育所における感染症対策ガイドライン」別添4 主な感染症一覧 登園のめやす を参照してください。

1 ○
「解熱した後3日を経過するまで」とあります。

2 ○
「すべての発しんが痂皮化するまで」とあります。

3 ○
「発しんが消失するまで」とあります。

4 ×
「発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまで(幼児にあっては、3日を経過するまで)」とあります。
※平成24年に学校保健安全法施行規則が一部改正され、解熱後2日間から3日間に変更になりました。

5 ○
「耳下腺、顎下腺、舌下腺の腫脹が発現してから5日を経過するまで、かつ全身状態が良好になるまで」とあります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は4です。

「通常のインフルエンザに罹息したら、発症後最低5日を経過し、解熱後2~3日間を経過するまで登園を控える。」と学校保健安全法施行規則によって定められています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。