過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第11323問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、わが国の予防接種に関する記述である。適切な記述の組み合わせを一つ選びなさい。

A 3種混合ワクチンとは、ジフテリア、百日咳、破傷風に対するものである。
B 麻疹ワクチンは第1回目を乳児期に接種する。
C インフルエンザ菌b型に対するワクチンは髄膜炎予防に有効である。
D 風疹ワクチンは、中学生の女子に接種する。
E 水痘ワクチンは満3歳までに接種することが勧奨される。
 1 . 
A B
 2 . 
A C
 3 . 
B D
 4 . 
C E
 5 . 
D E
( 保育士試験 平成24年(2012年) 小児保健 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
2
評価しない
正解…「2」
A・〇
3種混合ワクチンとは、ジフテリア、百日咳、破傷風に対するもので、生後3ヶ月から接種できます。

B・✕
麻疹ワクチンは第1回目を1歳代で接種できます。が、自費で生後6ヶ月からでも受けられます。
1歳になったらすぐ接種するよう勧められています。

C・〇
インフルエンザ菌b型は“ヒブ”とも呼ばれ、髄膜や咽頭蓋などに病気を引き起こす細菌のため、これに対するワクチンは髄膜炎予防に有効です。
冬に流行するインフルエンザウイルスとは全く別ものです。

D・✕
風疹ワクチンは、麻疹ワクチンと同じで第1回目を1歳代で接種できます。が、自費で生後6ヶ月からでも受けられます。
1歳になったらすぐ接種するよう勧められています。

E・✕
水痘ワクチンは1歳になったら、麻疹風疹ワクチンの次にできるだけ早く接種することが勧奨されています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
【正解】 2

A ○
日本では、3種混合ワクチンとは、ジフテリア、百日咳、破傷風に対するものです。

B ×
麻疹ワクチンは、1回目を1歳の時に、2回目を5~6歳の時に行います。

C ○
インフルエンザ菌b型に対するワクチンはヒブワクチンとも呼ばれ、髄膜炎予防に有効なワクチンです。

D × 
風疹ワクチンは、1回目は12ヶ月から23ヶ月のできるだけ早期、2回目は5~6歳に接種することが推奨されています。

E ×
日本小児科学会では、水痘ワクチンは12ヶ月から23ヶ月の間に接種することが推奨されています。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は2です。

A 適切です。

B 麻疹ワクチンは第1回目を1歳の時に接種します。その後、5~6歳で2回目を接種します。

C 適切です。

D 風疹ワクチンは1歳になると接種することができます。ただし希望者は自費になりますが生後6ヶ月から接種することができます。

E 水痘ワクチンも満1歳を迎えてから接種が可能になります。風疹と同様、早めの予防接種が推奨されています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。