過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第11324問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の文は、平成22年厚生労働省「人口動態統計」による不慮の事故に関する記述である。適切な記述を一つ選びなさい。
 1 . 
乳児の事故死では、転倒・転落が最も多い。
 2 . 
1~4歳児の死因のうち先天奇形、変形及び染色体異常を除くと不慮の事故が最も多い。
 3 . 
1~4歳児の事故死では、不慮の窒息が最も多い。
 4 . 
乳児の事故死では、風呂場での溺水が、転倒・転落に次いで多い。
 5 . 
1~4歳児の事故死では、熱及び高温物質との接触が第3位である。
( 保育士試験 平成24年(2012年) 小児保健 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
4
評価しない
正解…「2」
1~4歳児の死因のうち先天奇形、変形及び染色体異常が1位ですが、2位が不慮の事故、3位に悪性新生物、4位に肺炎と続きます。
不慮の事故は年々減っているものの、乳幼児は窒息・溺水など大人が特に気をつけなければなりません。

1と4・✕
乳児の事故死では、食物をのどに詰まらせたり、ベッドの中での『不慮の窒息』が圧倒的に多いです。次いで交通事故→溺死及び溺水→窒息となります。

3と5・✕
1~4歳児の事故死では、『交通事故』が最も多いです。次いで溺死・溺水→窒息の順となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
【正解】 2

1 ×
乳児の事故死では、不慮の窒息が最も多いです。

2 ○
1~4歳児の死亡数は、先天奇形・変形及び染色体異常が10万人あたり162人、次いで不慮の事故151人

、悪性新生物86人と続きます。

3 ×
1~4歳児の事故死では、交通事故が最も多いです。

4 ×
乳児の事故死では、風呂場での溺水は、不慮の窒息、交通事故に次いで多いです。

5 ×
1~4歳児の事故死では、窒息が第3位です。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は2です。

1 乳児の死亡事故で一番多いのは「不慮の窒息」です。嚥下機能が大人と比べて未熟であること、おもちゃ等何でも口に入れてしまうためだと考えられます。

2 適切です。1~4歳児の死亡数は、先天奇形・変形及び染色体異常が10万人あたり162人と最も多いと言われています。次いで不慮の事故151人という結果が出ています。

3 1~4歳の死亡事故の原因として一番多いのが「交通事故」です。

4 乳児の事故死では、「不慮の窒息」が一番多く、次いで交通事故が多いと言われています。風呂場での溺水はその次です。

5 1~4歳児の事故死の原因では交通事故→溺死・溺水→窒息の順に多いと言われています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。