過去問.com

保育士試験 平成24年度(2012年) 小児栄養  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の文は、小児期の身体発育の特徴と発育・栄養状態の評価に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 通常、新生児では、出生後の数日間、出生時の体重と比較して一時的な生理的体重減少がみられる。
B 「平成22年乳幼児身体発育調査報告書」(厚生労働省)では体重や身長の調査結果を3,10,25,50,75,90及び97パーセンタイル値で示している。
C 「平成22年乳幼児身体発育調査報告書」(厚生労働省)によると、出生から1年間の体重増加量は約9kgであり、乳児期は盛んな発育を示すが、幼児期になると体重増加は緩やかになり、満1歳から満6歳の間は、1年間で約1kgの体重増加となる。
D 乳幼児期の体格を表す指標として、ローレル指数が用いられる。ローレル指数では、15~18を「やせ」と判定する。

 1 . 
A○  B○  C○  D×
 2 . 
A○  B○  C×  D×
 3 . 
A○  B×  C○  D×
 4 . 
A○  B×  C×  D○
 5 . 
A×  B○  C○  D×
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

正解…「2」
AとB・〇
『Ⅱ 調査結果の概要』『1 一般調査及び病院調査による乳幼児身体発育値及び発育曲線について』『(1)体重及び身長の身体発育値』によると、
出生時より3日目までは体重が減少し、4日目から増加しています。
3,10,25,50,75,90及び97パーセンタイル値で記されています。

C・✕
『Ⅱ 調査結果の概要』『1 一般調査及び病院調査による乳幼児身体発育値及び発育曲線について』『(1)体重及び身長の身体発育値』によると、出生から1年間の体重増加量は“約6kg”であり、乳児期は盛んな発育を示し、幼児期になると体重増加は緩やかになり、満1歳から満6歳の間は、1年間で“約2kg”の体重増加となります。

D・✕
ローレル指数とは学童期の肥満度を評価する場合に使用されるもので体重(kg)÷身長(cm)の3乗×10の7乗で表すことができます。115~145が「正常」、100未満が「やせ」です。
カウプ指数とは幼児期の肥満度を評価する場合に使用されるもので、体重(kg)÷身長(cm)の2乗×10の4乗で表すことができます。15~18が「正常」、13未満は「やせ」です。

2014/11/26 01:12
ID : fvejmypcpz
1

【正解】 2

A ○
新生児は、生後3~5日後に体重が一時的に減少し、これを「生理的体重減少」といいます。
生後1週間から10日で出生時の体重に戻り、その後は徐々に増加します。

B ○
パーセンタイルとは、計測値の統計的分布の上で、小さいほうから数えて何%目の値はどれくらいかという見方をする統計的表示法です。
小さい方から3%、10%、25%、大きい方から3%、10%、25%、そして中央値を示していることになります。

C ×
表1によると、出生時の中央値が男女とも約3kg、1歳時点での中央値が男女とも約9kgなので、増加は約6kgです。
また、満1歳から満6歳の5年間で約10kg増加しているので、1年あたり約2kg増加していることになります。

D ×
幼児の肥満は「カウプ指数」で判定します。
「体重(kg)÷身長(cm)の2乗×10の4乗」で求め、13~15未満がやせぎみです。
「ローレル指数」は学童期の肥満の判定に用いられます。
「体重(kg)÷身長(cm)の3乗×10の7乗」で求め、100~115未満がやせぎみです。

2015/08/11 11:58
ID : kcqnaguv
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。