過去問.com

保育士試験 平成24年度(2012年) 小児栄養  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の文は、母乳栄養の利点と留意点に関する記述である。適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 母乳に含まれる栄養素は、消化吸収の効率がよく、代謝負担も少ない。
B 母乳栄養は、母子関係の確立に役立つ。
C 母乳に含まれる感染抑制物質により、感染症の発症予防と重症化の低下に役立つ。
D 授乳中の喫煙は、母乳分泌に影響を与える。

 1 . 
A○  B○  C○  D○
 2 . 
A○  B○  C×  D○
 3 . 
A×  B○  C×  D×
 4 . 
A×  B×  C○  D○
 5 . 
A×  B×  C×  D×
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

【正解】 1

A ○
母乳に含まれる「αラクトアルブミン」というたんぱく質は非常に消化吸収がよく、母乳で育つ赤ちゃんは便秘が少ないといわれています。

B ○
乳児に乳首を吸われることによって、オキシトシンというホルモンが分泌されます。これは、別名「愛情ホルモン」ともよばれており、イライラを和らげる効果があります。

C ○
母乳には、免疫グロブリンA(IgA)、マクロファージ、ラクトフェリン、リゾチーム、オリゴ糖、ムコ多糖などといった感染抑制物質が含まれています。

D ○
煙草を吸うと、母乳の分泌量が少なくなる上に、母乳にニコチンが混じるようになります。

2015/09/10 23:41
ID : kcqnaguv
0

正解…「1」 
すべて〇
A 母乳に含まれるたんぱく質は、粉ミルクに比べ、半消化状態なので消化吸収の効率がよく、代謝負担も少ないことが特徴です。
なので下痢などの際も飲み続けられます。

B 母乳栄養は、母と子が向き合う時間につながり、互いの情緒の安定がもたらされます。また、母親は乳首を吸わせることでホルモンが分泌され、イライラしにくくなる作用があります。

C 母乳を飲んでいる子は乳幼児突然死症候群(SIDS)の危険が少ないといわれています。また、母乳に含まれる感染抑制物質により、気管支喘息、アレルギー、肥満になるリスクが減るといわれています。

D 授乳中の喫煙は、母乳の分泌量が減ります。ニコチンが母乳に混ざるため、これを飲んだ乳児は不機嫌、不眠、嘔吐などの症状が現れます。また、乳児の発育に影響を及ぼす可能性があることや、乳幼児突然死症候群(SIDS)の原因となることがあります。

2014/11/26 11:28
ID : fvejmypcpz
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。