過去問.com

保育士試験 平成24年度(2012年) 小児栄養  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の文は、「授乳・離乳の支援ガイド」(平成19年:厚生労働省)における「離乳の進行」に関する記述である。( A )~( D )にあてはまる語句の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

生後9か月頃から、離乳食は1日( A )にし、( B )固さのものを与える。食欲に応じて、離乳食の量を増やし、離乳食の( C )に母乳または育児用ミルクを与える。離乳食とは別に、母乳は子どもの欲するままに、育児用ミルクは1日2回程度与える。( D )の不足には十分配慮する。

 1 . 
A3回  B舌でつぶせる    C前  Dカルシウム
 2 . 
A3回  B歯ぐきでつぶせる  C後  D鉄
 3 . 
A3回  B歯ぐきでかめる   C前  Dカルシウム
 4 . 
A4回  B歯ぐきでつぶせる  C後  Dカルシウム
 5 . 
A4回  B歯ぐきでかめる   C前  D鉄
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
1

正解…「2」
『授乳・離乳の支援ガイド』(平成19年:厚生労働省)
『Ⅱ 離乳編』『3 離乳の支援のポイント』『2離乳の進行』参照
離乳の開始は5・6ヶ月頃が適当であるといわれています。目安として、首がしっかりすわり、支えてあげることで座れる、食べ物に興味を示し、口に入れても下で押し出すことが少なくなる、ということがあげられます。

離乳の進行として他に、
(1)離乳の開始後ほぼ1か月間は、離乳食は1日1回与える。母乳または育児用ミルクは子どもの欲するままに与える。この時期は、離乳食を飲み込むこと、その舌ざわりや味に慣れることが主目的である。
(2)離乳を開始して1か月を過ぎた頃から、離乳食は1日2 回にしていく。母乳または育児用ミルクは離乳食の後にそれぞれ与え、離乳食とは別に母乳は子どもの欲するままに、育児用ミルクは1日に3回程度与える。生後7,8か月頃からは舌でつぶせる固さのものを与える。
が、あります。

2014/11/26 11:37
ID : fvejmypcpz
0

【正解】 2

p.39 離乳の支援のポイント を参照してください。

「2 離乳の進行
(3)生後9か月頃から、離乳食は1日3回にし、歯ぐきでつぶせる固さのものを与える。食欲に応じて、離乳食の後に母乳または育児用ミルクを与える。離乳食とは別に、母乳は子どもの欲するままに、育児用ミルクは1日2回程度与える。鉄の不足には十分配慮する。」

2015/08/13 21:12
ID : kcqnaguv
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。