過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第11394問」を出題

問題

[ 設定等 ]

  • 模試受験者一覧




次の曲を3歳児クラスで歌ってみたところ、一番高い音が不安定で歌いにくそうであった。そこで、短2度下の調に移調することにした。その場合A、B、Cの音は、鍵盤の(1)から(10)のどこを弾くか、正しい組み合わせを一つ選びなさい。
問題文の画像
 1 . 
A14  B9  C11
 2 . 
A15  B10  C12
 3 . 
A15  B12  C14
 4 . 
A16  B10  C11
 5 . 
A18  B13  C15
( 保育士試験 平成24年(2012年) 保育実習理論 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
8
評価しない
正解は 2 です。

短2度下の調に移調するとは、もとの楽譜から半音下げて演奏するということです。

それぞれ短2度(半音)下げましょう。

A ⑯を⑮に下げる
B ⑪を⑩に下げる
C ⑬を⑫に下げる
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
移調の問題も毎年お馴染みとなっております。
まずは楽譜を見てト音記号の隣に#(シャープ)や♭(フラット)がついているかどうかの確認をしましょう。
もしシャープやフラットがついていたらその楽譜の中では黒鍵(黒い鍵盤)を弾くことになります。
(ナチュラル記号がないことが前提ですが)調号がついている音は○で囲んだりして白い鍵盤を選択することのないようにしましょう。
あとは「○度上げる」「○度下げる」など指定の音程も確認しましょう。

設問は「こいのぼり」の楽譜です。設問が何の曲であるかは音符や譜面の理解が必要となってきますので
何の曲か分からなくてもこの問題は解くことが可能です。

この歌が高いので短二度下の調に移調することとなりました。
短二度は隣同士の音であり線と間の組み合わせです。
従ってABCの音をそれぞれ1つ下の音を選択すれば良い事になります。

もともとシ・ミ・ラに♭がついています。

A:「シ♭」です。「シ♭」の1つ下の音は(15)になります。
B:「ファ」です。「ファ」の1つ下の音は(10)になります。
C:「ソ」です。「ソ」の1つ下の音は(12)になります。

よって選択肢2が正解となります。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は2です。

短2度下の調に移調するとは、半音下げるということです。半音とは、音1つ分のことですね。
注意するのは、元の楽譜はシ・ミ・ラに♭がついていることです。それを踏まえるとそれぞれの鍵盤は以下のようになります。

A:シ♭=16 
B:ファ=11
C:ソ=13

これをそれぞれ半音=音一つ分下げると、15、10、12になります。よって正解は2です。


評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。