過去問.com

保育士試験 平成24年度(2012年) 保育実習理論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の【事例】を読んで、【設問】に答えなさい。

【事例】
保育室の壁面に七色の虹の飾りを作りたいと思います。赤・青・黄の絵の具を用意し、その3色とそれらを混色してできた色も使って、空にできる虹色のようなイラストにすることにしました。なお、藍・紫はすでに塗ってあるものとします。

【設問】
下の図のA~Eに色を塗る場合、赤・青・黄の位置として適切な組み合わせを一つ選びなさい。ただし、※印は赤・青・黄のいずれかを混色してできた色とする。

 1 . 
A青  B※  C赤  D※  E黄
 2 . 
A赤  B※  C黄  D※  E青
 3 . 
A黄  B※  C赤  D※  E青
 4 . 
A黄  B※  C青  D※  E赤
 5 . 
A青  B※  C黄  D※  E赤
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
4

正解は 2 です。

虹の配色は、上から順に「赤・橙・黄・緑・青・藍・紫(せきとうおうりょくせいらんし)」と覚えましょう。

色の順番は、どの虹でもかならず同じです。赤が上で紫が一番下ということも重要です。

その上で、B※は赤と黄の混色で橙、D※は黄と青の混色で緑を塗ることがわかります。

一般的に日本では、虹は7色とされていますが、これはニュートンの研究によるものが、明治以降の学校教育の中で広まり現在にいたっています。

世界では、2色から6色7色くらいまで様々な色の数の考えがあります。

2014/10/01 10:55
ID : qvdgrpbwjc
0

このような色彩や造形についての事例は毎年1問は出ています。
常日頃、目にする虹ですがこうやって問題に出ると、答えるのに戸惑ってしまう事も多いですね。
虹は雨が止んだ直後、または雨が止んでいない時に日射があると太陽のある方向とは別の方向に出来るそうです。
色の配色は、どの虹も同じです。
上から、赤・橙・黄色・緑・青・藍・紫の順番になっているそうです。
色相環と一緒に覚えると良いと思います。
よって選択肢2が正解となります。

2016/03/19 12:32
ID : hsnwmpnfe
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。