過去問.com

保育士試験 平成24年度(2012年) 保育実習理論  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の文は、造形活動に用いられる紙の特性と用途に関する説明である。紙の種類として最も適切な組み合わせを一つ選びなさい。

A ・強度のある板紙で、本来は主に稲わらや麦わら等を原料としている。・絵の具で描画すると画用紙とは異なった風合いが得られ、立体作品の製作や台紙としても使用される。
B ・水分の吸い込みがよく、縦横に破り易い方向がある。・破いたり、丸めたり、敷いたりするなど、気軽に使うことができる。
C ・一般に紙の目が無く、水に濡れても破れにくい。・染め紙や版画などに用いられる。
D ・絵の具の吸い込みがよく、発色がよい。・クレヨン、パス、絵の具などによる描画や工作など造形活動全般に使用される。

 1 . 
A和紙     B黄ボール紙  C新聞紙    D画用紙
 2 . 
A黄ボール紙  B画用紙    C新聞紙    D和紙
 3 . 
A和紙     B新聞紙    C黄ボール紙  D画用紙
 4 . 
A新聞紙    B画用紙    C黄ボール紙  D和紙
 5 . 
A黄ボール紙  B新聞紙    C和紙     D画用紙
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

正解は 5 です。

A 黄ボール紙
最近では古紙パルプを原料にしたものもあります。紙箱の素材です。厚みを利用して版画などに使うこともできます。

B 新聞紙
丸めたり、びりびりさいたりと、子どもたちは新聞紙が大好きです。花や野菜を作る(切る・ねじる・丸める)、動物を作る(たてる)、帽子や靴、服を作る(束ねる・つなぐ)など、広い空間で思い切り活動させてあげたい素材です。

C 和紙
原料が限られ、生産性も低いため価格が高いです。くしゃくしゃと丸めたあとをつけたり、手でちぎった時の切り口に独特の風合いが出るので、ぜひ子どもたちに経験させてあげたい素材です。

D 画用紙
もっとも汎用性が高い素材といえます。絵を描くのはもちろん、子どもの手で簡単に折れ線をつけられるので、立体的な造形にも適しています。

2014/10/01 11:46
ID : qvdgrpbwjc
0

造形分野も素材や道具など例年1問程度は出題されていますので過去問題を参照に確認しておきましょう。

A黄ボール紙;板紙の一種。稲わらや麦わらを主原料としています。

B新聞紙:上下(タテ)方向に破りやすいです。

C和紙:吸水性が良い。水にぬれても破れにくいです。

D:画用紙:吸水性・発色の良い絵の具が適しています。描画や版画、工作など造形活動全般に利用することが多い素材です。

よって選択肢5が正解となります。

2016/04/07 20:38
ID : hsnwmpnfe
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。