過去問.com

保育士試験 平成23年度(2011年) 社会福祉  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の文は、保健・福祉の行政機関の設置に関する都道府県と市町村の役割分担についての記述である。正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
福祉事務所は、都道府県と市に設置が義務付けられているが、町村の設置は任意とされている。
 2 . 
婦人相談所は、市には設置が義務付けられているが、町村の設置は任意とされている。
 3 . 
市町村は、「児童福祉法」に基づき児童相談所を設置しなければならない。
 4 . 
市町村は、「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」に基づき精神保健福祉センターを設置しなければならない。
 5 . 
市町村は、「児童虐待の防止等に関する法律」に基づき保健所を設置しなければならない。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
13

正解は 1 です。

正しい記述です。
福祉事務所は、都道府県および市(特別区含む)に義務設置される社会福祉行政機関です。町村は任意設置になります。都道府県社会福祉事務所では、生活保護法・児童福祉法・母子および寡婦福祉法の現業業務と老人福祉法・身体障害者福祉法・知的障害者福祉法に関する広域調整を担当し、市町村社会福祉事務所は福祉六法すべてについての現業業務を行います。

2 ×
婦人相談所は、売春防止法によって都道府県に設置が義務付けられています。
要保護女子(性交または環境に照らして売春を行う恐れのある女子)の保護更生をその業務とし、一時保護も行います。
また、DV防止法に基づき、配偶者暴力相談支援センターとしてDV被害者の支援拠点としての機能もになっています。

3 ×
児童相談所は、都道府県と政令指定都市および児童相談所設置市に義務設置されます。
児童に関する家庭その他からの相談に応じ、個々の児童や家庭にもっとも効果的な援助を行うための行政機関です。

4 ×
精神保健福祉センターは、全都道府県に配置されています。
精神保健の向上および精神障害者の福祉の増進を図るため、また保健所の精神保健活動を技術面から援助する機関です。

5 ×
保健所は「地域保健法」に基づいて、都道府県、政令指定都市、中核市その他の政令で定める市および特別区に設置される地域保健の中心機関です。

2014/10/07 11:13
ID : qvdgrpbwjc
1

1.正しい。福祉事務所は都道府県および市(特別区含む)に設置義務があり町村は任意設置です。
生活保護法、児童福祉法、母子及び父子並びに寡婦福祉法、老人福祉法、身体障害者福祉法、知的障害者福祉法に関する事務を行います。
福祉事務所に設置されているのは<家庭児童相談室>です。家庭相談員が社会福祉主事と共に児童福祉に関する相談や指導にあたります。

2.誤り。婦人相談所は都道府県に設置義務があり市町村は努力義務です。H13にDV防止法が施行されたことにより配偶者暴力相談支援センターの機能も担っています。

3.誤り。児童相談所は都道府県・指定都市に設置義務があります。児童福祉司や児童心理士が児童に関する専門的な支援を要する問題の調査・判定・指導・措置などを行っています。

4.誤り。精神保健福祉センターは都道府県・指定都市に設置義務があります。

5.誤り。保健所は地域住民の健康や衛生を支える公的機関の一つであり、地域保健法に基づき都道府県、政令指定都市、中核市、特例市、その他指定された市(保健所設置市)、特別区が設置します。

よって選択肢1が正解となります。

2016/04/22 21:10
ID : hsnwmpnfe
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。