過去問.com

保育士試験 平成23年度(2011年) 社会福祉  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の文は、苦情解決制度に関する記述である。適切な記述の組み合わせを一つ選びなさい。

A 都道府県社会福祉協議会に設置されている運営適正化委員会の目的は、福祉サービス利用援助事業の適正な運営の確保と、福祉サービスに関する利用者等からの苦情の適切な解決の2つである。
B 苦情解決制度の仕組みにおいて、運営適正化委員会の行う苦情の解決のための相談は、最初に事業者に苦情の申出を行ったうえで、その申出人が改めて申出するという法的規定となっている。
C 苦情解決制度の体制として、事業所内に苦情解決責任者、苦情受付担当者、苦情監視委員を設置することが「児童福祉法」によって定められている。
D 都道府県社会福祉協議会に設置されている運営適正化委員会に寄せられた苦情の分野別の内訳件数は、平成21年度は多い順に、障害分野、老人分野、その他の分野、児童分野となっている。

 1 . 
A B
 2 . 
A C
 3 . 
A D
 4 . 
B C
 5 . 
C D
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
11

正解は 3です。

A ○
社会福祉法第83条
都道府県の区域内において、福祉サービス利用援助事業の適正な運営を確保するとともに、福祉サービスに関する利用者等からの苦情を適切に解決するため、都道府県社会福祉協議会に、人格が高潔であって、社会福祉に関する識見を有し、かつ、社会福祉、法律又は医療に関し学識経験を有する者で構成される運営適正化委員会を置くものとする。

B ×
福祉サービスに関する苦情は、まずは利用者と事業者の間で解決を図ることが原則ですが、法的規定とまで言えるという資料は見つかりませんでした。

C ×
運営適正化委員会の設置の根拠となっているのは「社会福祉法」です。

D ○
平成24年のサービス分野別受付件数では、障害者48.0%、高齢者28.5%、その他13.5%、児童10.0%となっています。

2014/10/08 15:03
ID : qvdgrpbwjc
2

A.正しい。運営適正化委員会の目的は社会福祉法83条にも記載されています。運営適正化委員会による苦情解決は都道府県社会福祉協議会におかれ申出に応じ必要な助言・調査を行います。

B.誤り。

C.誤り。サービス提供者による苦情解決は児童福祉法ではなく社会福祉法82条に記載されており努力義務となっています。

D.正しい。障害・老人が内訳の中でも多くを占めています。

よって選択肢3が正解となります。

2016/04/24 07:49
ID : hsnwmpnfe
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。