過去問.com

保育士試験 平成23年度(2011年) 社会福祉  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の【事例】を読んで、【設問】に答えなさい。

【事例】
K児童家庭支援センターでは、さまざまな子育てについての相談を受けている。そこにおける相談員は社会福祉に固有な援助技術のさまざまな理論を駆使して相談にあたっている。

【設問】
次の文は、相談員が用いる相談援助の理論に関する記述である。最も不適切な記述を一つ選びなさい。

 1 . 
相談員は、来談者を取り巻く家族や地域社会内の社会資源との間に見られる相互関係を「エコマップ」(生態地図、あるいは、社会関係地図と呼んだりもする)という図式に落とし、全体像の理解と膨大な社会資源間の関係の理解に努めた。
 2 . 
相談員は、来談者がうっ積した感情を持ちながらそれを語らずストレス状態に陥っていると判断した時は、感情を自由に表現する手助けをしている。
 3 . 
相談員は、来談者が精神的に落ち込んで自身を責めたり、うつ的な状態になったりした時は、極力励ましの言葉を多くかけるようにしている。
 4 . 
相談員は、利用者の生活歴、経済状況、身体状況、精神状況、利用できる社会資源など必要な情報を調べ、利用者の意向を聞きながら、援助計画を立案した。
 5 . 
相談員は、利用者の心理にアプローチするだけでなく、利用者を取り巻く社会環境の改善に関する取り組みを行った。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
7

正解は 3 です。
3の記述は不適切です。

うつ状態の人との接し方で重要なのは、「カウンセリングマインド」です。「カウンセリングマインド」とは、良く話を聞き、理解と共感を示す、ということです。励ましの言葉を多くかけることは、うつ状態の人をさらに追い詰めることになってしまいますので、適切ではありません。

1 ○
「エコマップ」はアメリカのハートマンによって開発されました。

2 ○
バイステックの個人援助技術における7原則のなかの「意図的な感情表出」にあたります。

4 ○
利用者自身の決定を側面から援助する「自己決定」の原則です。

5 ○
「間接援助技術」です。社会福祉サービスの重点が収容施設から地域福祉へと移行するのに伴って、社会福祉援助技術も、個人やグループを対象とする直接援助技術だけでなく、視野を広げた援助が必要になってきました。

2014/10/14 10:23
ID : qvdgrpbwjc
0

相談援助に関する出題も近年多くなっています。
ソーシャルワークの全体像やアプローチ方法も含めてまとめて確認しておきましょう。

エコマップに描く事により社会資源やその地域での相互関係が見えてきます。エコマップと混同するのがジェノグラムです。ジェノグラムは男性を□、女性を〇で示し線でつないでいく家族図です。

相談員は社会的な環境も含め利用者の意向やニーズを聞き取りながら対応していく事が必要です。

鬱的な状態になっている来談者に励ましの言葉を掛ける対応は不適切です。まずは話を聞きながら共感を示していく対応をしていきます。

よって選択肢3が正解となります。

2016/04/24 07:09
ID : hsnwmpnfe
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。