保育士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

保育士の過去問 第11425問 出題

問題

次の文は、福祉サービスの第三者評価事業に関する記述である。不適切な記述を一つ選びなさい。
 1 . 
福祉サービスの第三者評価事業とは、社会福祉基礎構造改革において、その理念を具体化する仕組みの一つとして位置付けられた。
 2 . 
福祉サービスの第三者評価事業では、主に、福祉サービス提供体制の整備状況と取り組みについて専門的・客観的な立場からの評価が行われる。
 3 . 
福祉サービスの第三者評価事業に従事する評価調査者は、評価調査者としての業務を行うための条件として評価調査者に対する研修を受講することになっている。
 4 . 
福祉サービスの第三者評価事業結果の取り扱いについては、第三者評価機関と都道府県推進組織において、それぞれ「福祉サービス第三者評価結果の公表ガイドライン」に基づき公表している。
 5 . 
児童福祉施設は、福祉サービスの自己評価と第三者評価を受けることが「児童福祉法」で義務付けられている。

この保育士 過去問の解説(2件)

評価する
19
評価しない
正解は 5 です。

5は不適切な記述です。

「児童福祉法」ではなく、「社会福祉法」第78条は、「社会福祉事業の経営者は、自己評価の実施等によって自らの提供する福祉サービスの質の向上に努めなければならない」と自己評価について努力義務を規定しています。
なお、社会的養護施設(児童養護施設・乳児院・母子生活支援施設・情緒障害児短期治療施設・児童自立支援施設)は平成24年度から3年に1度の受審が義務化されました。
評価後のアイコン
2014/10/14 13:02
ID : qvdgrpbwjc
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
サービスの評価と苦情解決も出題傾向としては多いと思われます。
平成12年 社会福祉基礎構造改革で社会福祉事業経営者にサービスの質の自己評価(努力義務)
国にサービスの質の公正かつ適正な評価(第三者評価)の実施に資する措置の努力義務(社会福祉法78条)が規定されました。

平成23年「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」ですべての児童福祉施設に自己評価と公表の努力義務。乳児院・母子生活支援施設・児童養護施設・情緒障害児短期治療施設・児童自立支援施設には自己評価及び第三者評価の義務が規定されました。
努力義務:~するように努めなければならない。
義務:~しなければならない。

以上により、選択肢5が正解となります。児童福祉施設の中でもすべての施設に義務付けられているわけではありません。
評価後のアイコン
2016/04/24 07:34
ID : hsnwmpnfe
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。