過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第11434問」を出題

問題

次の文は、「児童福祉法」第6条の記述である。(  )にあてはまる語句として正しいものを一つ選びなさい。

この法律で、保護者とは、親権を行う者、未成年後見人その他の者で、児童を現に(  )する者をいう。
 1 . 
養護
 2 . 
養育
 3 . 
監護
 4 . 
育成
 5 . 
監督
( 保育士試験 平成23年度(2011年) 児童福祉 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。

この過去問の解説(2件)

評価する
5
評価しない
正解は 3 「監護」です。

「監護」とは、未成年者を監督し保護するという意味です。普段はあまり使わない言葉ですが、法令用語として覚えてください。


「養護」特別に保護を加えながら成長を助けること。

「養育」養い育てること。

「育成」立派に育て上げること。

「監督」取り締まったり、指図をしたりすること。また、その人や機関。
評価後のアイコン
2014/10/17 11:56
ID : qvdgrpbwjc
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
児童福祉法 第6条(保護者)について記載されています。
この法律で保護者とは(中略)親権を行う者、未成年後見人その他の者で児童を現に監護する者をいう。
となっています。
よって選択肢3が正解となります。

未成年後見人:未成年者に親権者がいない、または親権者が管理権を有しない場合に家庭裁判所が選任する法定代理人のことです。
評価後のアイコン
2016/04/23 21:33
ID : hsnwmpnfe
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。