過去問.com

保育士試験 平成23年度(2011年) 児童福祉  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の文のうち、社会保障審議会児童部会児童虐待等要保護事例の検証に関する専門委員会が平成22年7月に発表した「子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について(第6次報告)」に示された内容として、正しいものを一つ選びなさい。

 1 . 
死亡事例は、平成19年度に比して平成20年度は減少している。
 2 . 
平成20年度に死亡した子どもの人数は、100人を超えている。
 3 . 
平成20年度に「心中以外」の虐待で死亡した子どものおおむね3割が、3歳未満児である。
 4 . 
平成20年度に「心中(未遂を含む)」によって死亡した子どもの人数は、「心中以外」で死亡した子どもの人数の半数以下である。
 5 . 
平成20年度に「心中以外」で死亡した事例の養育者の状況は、「実父母」である割合が、半数を超えている。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

正解は 2 です。

1 ×
平成20年4月から平成21年3月までの1年間に死亡した子どもの事例は、心中以外の事例が64例(67人)、心中事例が43例(61人)です。平成19年度と比較すると、心中以外の事例では8例(6人)の増加、心中事例では9例(8人)の増加です。

2 ○
平成20年度に死亡した子どもの人数は128人です。

3 ×
心中以外の事例では、0歳が半数以上を占めていました。また、3歳以下が75.8パーセントを占めています。

4 ×
平成20年度に心中によって死亡した子どもは61人、心中以外で死亡した子どもは67人です。

5 ×
平成20年度に心中以外で死亡した子どもの養育者の状況は「実父母」が44.8パーセント、「ひとり親」が19パーセント、「内縁関係」が15.5パーセントです。

2014/10/21 11:27
ID : qvdgrpbwjc
0


1.誤り。子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について 表1-1 平成19年 心中以外61人、心中以外53人、平成20年 心中以外67人、心中61人となっており増加しています。

2.正しい。子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について 表1-1 死亡事例及び人数によると平成20年4月~平成21年3月までは128人となっております(心中以外67人、心中61人)

3.誤り。表1-3死亡した子どもの年齢 平成20年~平成21年3月によると心中以外 0歳児 39人と一番多く3歳未満が75%を超えています。

4.誤り。心中以外と心中は、ほぼ同じ数となっています。心中以外67人、心中61人です。

5.誤り。子ども虐待による死亡事例等の検証結果等について 表4-1 養育者の状況(家族形態)によると心中以外 実父母44.8%、ひとり親8.6%です。
心中は実父母56.4%、ひとり親33.3%です。

よって選択肢2が正解となります。


2016/04/30 20:43
ID : hsnwmpnfe
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。