過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第11447問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の文は、わが国の児童福祉で用いられる用語に関する記述である。正しいものを一つ選びなさい。
   1 .
「保育単価」とは、保育所に入所した児童1人当たりの運営費の月額単価のことである。
   2 .
「情緒障害」とは、情緒面の統制について、医学的に見て回復不能な欠損がある状態を指す。
   3 .
「延長保育」とは、保育に欠ける児童を就学後も保育所で保育をすることを意味する。
   4 .
「主任児童委員」とは、母子生活支援施設において、母子の生活指導を行う者のことである。
   5 .
「特定妊婦」とは、妊娠中又は出産後1年以内の女子のことである。
( 保育士試験 平成23年(2011年) 児童福祉 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
6
評価しない
正解は1です。

2の「情緒障害」とは、感情をコントロールできずに不安定で、生活に支障をきたしている状態のことをいいます。医学的に回復不可能とは考えられていません。カウンセリングなどの心理治療や生活治療により、改善が可能です。

3の「延長保育」とは、通常開所時間である11時間の前後30分以上に行われる保育のことをいいます。

4の「主任児童委員」とは、地域の子どもたちを見守る児童委員の中で、児童相談所や学校と連携し、特に専門的に児童や児童委員の活動に対する援助を行う委員のことです。

5の「特定妊婦」とは、出産後に子どもを育てていくために、出産前から特に支援が必要な妊婦のことをいいます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は1です。

1 適切です。保育所に入所した児童1人当たりの運営費の月額単価のこと『保育単価』と言います。

2 「情緒障害」とは、感情をコントロールできずに不安定であるために日常生活に支障をきたし、治療が必要な状態を言います。

3 「延長保育」とは通常開所時間である11時間の前後30分以上行われる保育のことを言います。

4 「主任児童委員」とは、児童委員の中で、児童相談所や学校と連携し、専門的に児童や児童委員の活動に対する援助を行う者のことを言います。

5 「特定妊婦」は出産後の子育てについて、出産前から支援を必要とする妊婦のことを言います。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は1です。

2が×…「情緒障害」とは、情緒の現れ方が偏っていたり、その表れ方が激しかったりする状態を、自分の意志ではコントロールできないことが継続し、学校生活や社会生活に支障となる状態をいいます。

3が×…「延長保育」とは、通常開所時間である11時間の前後30分以上行われる保育を指します。(延長保育促進事業実施要項)

4が×…「主任児童委員」とは、児童委員の職務について、児童の福祉に関する機関と児童委員との連絡調整を行うとともに、児童委員の活動に対する援助及び協力を行います。(児童福祉法第17条第2項)

5が×…「特定妊婦」とは、出産後の養育について出産前から支援を行うことが特に必要な妊婦のことをいいます。(児童福祉法第6条の3第5項)
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。