過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

保育士の過去問「第11451問」を出題

問題

[ 設定等 ]
次の【I群】の記述と【II群】の用語を結びつけた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい

【I群】
A 発達の速度や方向は子どもによって異なる。
B 学習の成立や能力の発達には適した時期がある。
C 子どもは環境に影響されるだけではなく、周囲の環境を変化させつつ発達する。

【II群】
ア 敏感期
イ 相互作用
ウ 個人差
   1 .
Aア  Bイ  Cウ
   2 .
Aア  Bウ  Cイ
   3 .
Aイ  Bア  Cウ
   4 .
Aウ  Bア  Cイ
   5 .
Aウ  Bイ  Cア
( 保育士試験 平成23年(2011年) 発達心理学 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
0
評価しない
正解は4です。

A 発達の速度や方向は子どもによって異なることを「個人差」と言います。

B 学習の成立や能力の発達には適した時期があります。これを「敏感期」と呼びます。

C 子どもは環境に影響されるだけではなく、周囲の環境を変化させつつ発達します。これを「相互作用」と言います。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は4です。

Aーウ…生活場面で経験すること、個人ごとに異なること、遺伝要因などが相まって心身の発達に個人差が生じます。

Bーア…敏感期とは、機能発達への刺激が最も敏感に影響を及ぼし、その影響によってを発達が促進される時期のことです。

C-イ…成長や発達は、個人と環境との相互作用の中で進みます。個々の持つ潜在的な可能性が社会生活でいろいろな経験をつむことで具現化したり、方向づけられたりします。
評価後のアイコン
評価する
0
評価しない
正解は4です。

Aはウです。心身の発達には個人差があります。

Bはアです。敏感期とは、特定の機能が敏感に刺激をキャッチし、その機能の発達がもっとも促されやすい時期のことです。

Cはイです。子どもの成長には、環境を変える力もあるのです。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この保育士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。