過去問.com

保育士試験 平成23年度(2011年) 発達心理学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の【I群】の記述と【II群】の用語を結びつけた場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい

【I群】
A 発達の速度や方向は子どもによって異なる。
B 学習の成立や能力の発達には適した時期がある。
C 子どもは環境に影響されるだけではなく、周囲の環境を変化させつつ発達する。

【II群】
ア 敏感期
イ 相互作用
ウ 個人差

 1 . 
Aア  Bイ  Cウ
 2 . 
Aア  Bウ  Cイ
 3 . 
Aイ  Bア  Cウ
 4 . 
Aウ  Bア  Cイ
 5 . 
Aウ  Bイ  Cア
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
0

正解は4です。

Aーウ…生活場面で経験すること、個人ごとに異なること、遺伝要因などが相まって心身の発達に個人差が生じます。

Bーア…敏感期とは、機能発達への刺激が最も敏感に影響を及ぼし、その影響によってを発達が促進される時期のことです。

C-イ…成長や発達は、個人と環境との相互作用の中で進みます。個々の持つ潜在的な可能性が社会生活でいろいろな経験をつむことで具現化したり、方向づけられたりします。

2016/05/12 11:22
ID : vvenfoax
0

正解は4です。

Aはウです。心身の発達には個人差があります。

Bはアです。敏感期とは、特定の機能が敏感に刺激をキャッチし、その機能の発達がもっとも促されやすい時期のことです。

Cはイです。子どもの成長には、環境を変える力もあるのです。

2014/11/16 01:24
ID : qbkbkyvwno
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。