過去問.com

保育士試験 平成23年度(2011年) 発達心理学  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の文は、子どもの認知に関する記述である。( A )~( D )にあてはまる語句を【語群】から選択した場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

 子どもは自分の思考過程を( A )し、結果を予測したり分析したりするようになる。これを( B )と呼んでいる。このような( B )は、( C )くらいから発達が始まり、次第に自分の思考を振り返ることが可能となる。こうした態度は、学校の学習において多く求められるようになり、例えば、自分で検算して間違いを見いだすことが出来るようになると、計算することがおもしろくなるといった( D )に結びついていく。

【語群】
ア モニター  イ メタ・コミュニケーション ウ 内発的動機づけ
エ メタ認知  オ 外発的動機づけ      カ 昇華
キ 学童期後半 ク 幼児期後半

 1 . 
Aア  Bイ  Cク  Dオ
 2 . 
Aア  Bエ  Cク  Dウ
 3 . 
Aカ  Bイ  Cキ  Dウ
 4 . 
Aカ  Bイ  Cキ  Dオ
 5 . 
Aカ  Bエ  Cキ  Dイ
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
4

正解は2です。

Aに入るのはアの「モニター」です。モニターとは、ここでは観察、分析するというような意味です。

Bに入るのはエの「メタ認知」です。メタ認知とは、自分が認知する課程について考え、どのように認知できたのかをさらに認知することをいいます。

Cに入るのはクの「幼児期後半」です。メタ認知は、幼児期後半から発達が始まります。

Dに入るのはウの「内発的動機づけ」です。内発的動機づけとは、自らの興味や関心によって自発的にもたらされる動機づけのことです。

2014/11/20 00:10
ID : qbkbkyvwno
0

正解は2です。

メタ認知とは、自分の活動の結果を予測したり、活動のプロセスをモニターしたり、活動の結果をチェックしたりするなど、認知的活動そのものを認知の対象とした認知をいいます。
メタ認知は、児童期に入る頃、認知発達や特定領域での行動の熟達に伴って現れ、児童期後期には、自分の記憶能力を現実的に評価できるようになります。メタ認知の発達に伴って、「何のためにする」のではなく、「すること自体」に喜びや楽しさを感じる内発的動機が促されます。

2016/05/12 15:53
ID : vvenfoax
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。