保育士試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

保育士の過去問 第11468問 出題

問題

次の文は、小児期の分離不安障害に関する記述である。症状の一つとして適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 大切な人を失ってしまうのではないかという恐れをもつ。
B 迷子になることへの恐れをもつ。
C 愛着の対象となる人から離されるのを予期したときに腹痛を繰り返す。
D 持続的に登校を嫌がり、あるいは拒否し続ける。
 1 . 
A○  B○  C○  D○
 2 . 
A○  B○  C×  D○
 3 . 
A○  B×  C○  D○
 4 . 
A×  B×  C○  D×
 5 . 
A×  B×  C×  D×

この保育士 過去問の解説(2件)

評価する
2
評価しない
正解は1です。

ABCD、すべて○です。
親や家などと離れることを極度に不安がり、行動に支障をきたすレベルになっていると、「小児期の分離不安障害」とみなされます。

小児期の分離不安障害ではAのように大切な人を失うことへの恐怖が過剰で、Bのように迷子を恐れ、Dのように登校を嫌がり、無理に登校させようとするとCのように腹痛などの身体症状が現れることが多くあります。
評価後のアイコン
2014/11/25 12:07
ID : qbkbkyvwno
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解は1です。

小児期の分離不安障害は、家から離れることや愛着のある人と離れることを過剰に不安がることで、子供の発達レベルに見合う程度を超えた過剰な不安を示すものをいいます。子どもの不安が1か月以上持続して、ひどく悩んだり行動面に支障をきたしたり七る場合は、分離不安障害とみなします。
分離不安障害の場合、親からの分離に対して強い苦痛を伴っている場合が多く、登園や登校時に頭痛や腹痛などの身体症状を訴えることが多いです。
評価後のアイコン
2016/05/13 14:16
ID : vvenfoax
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この保育士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。