過去問.com

保育士試験 平成23年度(2011年) 小児保健  過去問題 | 無料の試験問題

問題

次の文は、乳幼児の発育・発達の評価に関する記述である。最も不適切な記述を一つ選びなさい。

 1 . 
乳幼児の身体発育評価の指標として一般的に使われているのは、平成12年厚生省による調査の乳幼児身体発育値をもとにしたパーセンタイル値である。
 2 . 
肥満度は、学童期以降の体格を評価するのに用いられることもある。
 3 . 
カウプ指数は、主に幼児期に安定しているので、栄養状態を知るために便利な体形指数である。
 4 . 
DENVERIIスクリーニング検査は、成長評価を行うための検査の代表的なものである。
 5 . 
発達の評価は、それぞれの子どもの発達の問題を知るだけでなく、発達の特徴を理解し、適切な保育を行うために実施する。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
3

正解は4です。

DENVERⅡスクリーニング検査は、発達に問題をもつ可能性のある子どもを早期に見つけるための検査です。生後1~6か月の子どもの発達を4分類(個人―社会、微細運動―適応、言語、粗大運動)し、発達について検査します。成長評価を行うための代表的な検査とはいえません。

2014/11/25 13:06
ID : qbkbkyvwno
0

正解は4です。

DENVERⅡスクリーニング検査は、生後1~6か月の子どもの発達を4領域(個人―社会、微細運動―適応、言語、粗大運動)に分けた検査項目から構成され、発達遅滞や歪みを見つける検査です。

2016/05/13 15:04
ID : vvenfoax
border line
保育士試験の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。